PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
111 view ショーパブ
公開日:2019/08/07|最終更新日:2019/08/07

ショーパブとは?種類や料金システム・チップを徹底解説!

ショーパブとは?種類や料金システム・チップを徹底解説!

今も昔も男性の心をつかんで離さなかったショーパブ。現在では、女性客も増え続け、人気に拍車が掛かっているとのことです。しかし、ショーパブと聞くと「良く知らないけどいやらしい場所でしょ?」という誤解している声も見受けられます。

そこで、今回はショーパブの魅力を種類や料金システム、チップの紹介を通じて徹底的に解説します。「一度はナイトワークとして働いてみたい」という方必見の内容になっているので、ぜひ参考にしてください。

1.ショーパブとは

ショーパブとは、お客さんにお酒や食事を提供しつつ、女性キャストがセクシーなダンスを披露するショーがプログラムにある大衆居酒屋です。

よくキャバクラや風俗店を勘違いされがちですが、開催されるショーの内容はセクシーダンスの他、お笑いショー・モノマネショーやマジックショー、そしてエンターテイメント性を重視したショーなどコンセプトはお店によっても異なります。
一般的には、煌びやかな衣装を着た女性キャストが、妖艶なダンスを華麗に披露する場として人気があり、近年では女性客も増えています。

女性客が増えている理由には、非日常的なショーパブの刺激を求めているとされています。また、ショーパブで開催されるショーは女性の視点からも美しく、魅力的に感じる仕上がりになっており、女性の美意識を刺激し、共感を呼んでいると考えられます。

そのため、女性会プランや女性割などを実施しているショーパブも登場しています。
ショータイムは予め決められており、ショーが開催されていない時間帯は実際にショーに参加する女性キャストとお酒や食事とともに会話を楽しめるとあって、老若男女問わずに人気があります。

また、昔のショーパブはダンスに関して素人の方が多かったのですが、近年開催されるショーパブのショーはクオリティーが非常に高く、本格的なダンスを披露する女性キャストが増えています。

日本らしい花魁ショーや和洋折衷のショーも開催されており、外国人観光客の隠れた観光スポットとしても注目を集めています。
お店の内装も日本文化を色濃く反映しており、上品な雰囲気が楽しめます。そのため、和テイストが好みのお客様もよく通い、接待の場としても活用されています。

また、日本文化になじみがないチップ制度(お客さんがキャストに直接金銭を支払う行為)も体験できる貴重な場所でもあります。

2.ショーパブの種類について

「セクシーなダンスショーが観れる」という印象が強いショーパブですが、お店によっても種類が異なります。
ショーパブでは「マジックショー」「エンターテイメントショー」、そして「ダンス」の3種類に大きく分けられます。いずれも一度は見てみたいショーばかりなので、ぜひ体験してみてください。

ここからは、ショーパブの種類について詳しくご紹介します。

2-1.ショーパブ①マジックショー

男女に関係なく、二次会の会場としても人気があるのは、マジックショーを売りにしたショーパブです。セクシーで妖艶な雰囲気が苦手な女性でも気軽に楽しめ、披露されるマジックショーは本格的なイリュージョンを観ることができます。

出演されるマジシャンもテレビで活躍する方も多く、マジシャンと観客の距離がわずか30cmという驚異的な近さでイリュージョンを楽しめます。マジックショーには観客参加型イリュージョンや幻想的な世界観を楽しめるマジックショーなど個性にあふれており、何度通ってもその度に新しいマジックショーを目の当たりにできます。

多くのショーパブが、お笑いショーやダンスショーと一緒にマジックショーを行っています。しかし中には、「マジックやイリュージョン以外のショーは行わない」という徹底したマジックショー専門のショーパブも存在します。

何度もテレビ出演を果たしている凄腕マジシャンが数多く在籍しており、最高のイリュージョンやマジックを目の当たりにできます。

2-2.ショーパブ②エンターテイメント

主にお笑いショーやモノマネショーが開催されるのが、エンターテイメント系ショーパブです。有名お笑い事務所に所属する芸人さんやテレビで活躍するモノマネタレントによるショーが大人気です。

そのほかにも歌舞伎をイメージしたショーやニューハーブのキャストが出演するショー、1台1億円もするロボットを何台も使ったロボットショーを提供するショーパブも人気があります。 エンターテイメント系のショーパブは、お店独自のコンセプトを打ち出していることが多く、そのお店でしか味わえない楽しさが魅力的です。

エンターテイメントのショーパブでは、笑いとともにマジックショーも観れるため、一度に色んなショーを見たい方におすすめです。
また、お笑いに特化しているため、二次会の会場やストレス解消の一環として訪れるのも良いかもしれません。

2-3.ショーパブ③ダンス

圧倒的な人気を誇り、ショーパブの代名詞でもあるダンスショーです。セクシーなランジェリーや花魁衣装に身を包んだセクシーな女性キャストによるショーは、女性にも大人気です。

ダンスショーには、クラブ・ラウンジをイメージしたダンスショーやポールダンス、セクシーダンスがメインとなっています。
また、妖艶なダンスショーを観た後に出演していた女性キャストと、一緒に飲食や会話を楽しめるのも、ダンスショーを提供するショーパブの魅力でもあります。

そのため、接待の会場としても使われ、男性客が多いのも特徴的です。
また、ダンスショーを開催しているショーパブではお仕事帰りにもふらっと立ち寄りやすいショータイム制(ワンドリンクと1回のショーを楽しむプラン)を採用しており、手軽に華やかな雰囲気を楽しめるとあって、近年では女性客も増えており、女子会プランも提供されています。

特に東京などの有名どころとなれば、セクシーでスタイルの良い女性ダンサーが数多く在籍しており、さまざまなコンセプトを採用した豪華で煌びやかな衣装とセクシーなダンスショーを楽しめる非日常空間はショーパブ常連客も太鼓判を押しています。
さらに中には、ワンドリンクとショーで3500円から楽しめるショーパブや、女子会プランのあるショーパブもあり、女性客にも人気です。

3.ショーパブの料金

女性にも支持されるディープなナイトスポットでもあるショーパブは、豪華で非日常な空間を楽しめるとあって、「ショーパブに遊びに行くにはお金がかかるのでは?」と勘違いされる方もいらっしゃいます。

ショーパブは一度のショーで多くのお客さんを集客できるため、ひとりあたりの料金はとってもリーズナブルです。
また、女子会プランやお手軽プランなど女性や初心者の方にも来店しやすいプランを提供しているお店も多いため、キャバクラやスナックなどのほかのナイトスポットに比べて、敷居が低いお店として知られています。

また、ショーパブはキャバクラやガールズバー、スナックでは体験できないチップ制度を導入しており、お気に入りのキャストやショーへの労いとしてチップを渡すことができます。

3-1.ショーパブの料金システムについて

ショーパブの料金システムにはショータイム制とタイムチャージ制の2種類があります。

ショータイム制は決められたショータイムに沿って、提供される料金システムでそれぞれのショータイムに細かい料金プランが設定されています。
一般的には予約限定プランや女子会プラン、音席プラン(ステージから遠い座席のプラン)、当日プラン(当日にチケットを購入する)、そしてオプションが存在します。

予約限定プランや女子会プランはほかのプランよりもお得なプランとなっていて、4500円から7000円で利用できます。
また、音席プランはステージから離れているため、数千円の値段でショーを楽しめます。

一般的に当日プランが高く、7000円~1万円となっており、お得にショーパブを楽しみたい場合は事前に予約するのがおすすめです。
どのプランにもワンドリンクチケットとショーの観覧料が含まれており、オプションでお弁当・ブッフェスタイルの食事やドリンク飲み放題を追加できます。

しかし、ショータイム制はショーが終われば、退出しなければいけないため、ステージに上がるダンサーとの会話は楽しめません。
そのため、ショータイム制を導入しているショーパブはショーパブ初心者や観光客、女性に最適な料金プランです。

一方で、タイムチャージ制は基本的に飲食が別料金となっており、時間制限(一般的には1セット90分)が設けられています。また、フリータイムプランもあり、好きなだけショーパブを楽しめるため、接待や男性中心のお客さんにおすすめです。

一般的に時間制限プランは1セット6000円~8000円となっており、フリータイムプランは1万円~と設定しているショーパブが多いようです。
そのため、ショーパブを思う存分楽しみたい方はフリータイムプランがおすすめです。

タイムチャージ制はショータイムが終了してもお店でゆっくりとお酒と食事を楽しめ、ショーが開催されていないときはダンサーや女性キャストと一緒に飲食や会話を楽しめます。
また、さまざまな可愛いキャストさんや、コンセプトの違ったショーを楽しめるのもタイムチャージ制の魅力でもあります。

3-2.ショーパブのチップについて

ショーパブでは、ショーに出演するキャストにチップを渡すことができます。キャストにとっても貴重な収入源にもなるため、ショーに感動したら、ぜひチップを渡してあげましょう。
海外では、ホテルやレストランの従業員にチップを渡す文化がありますが、日本ではチップ文化がないため、貴重なチップ体験ができるのもショーパブの魅力といえます。

ショーパブでは海外のように現金を直接渡すのではなく、お店内でしか使えないコインや独自紙幣を使って、チップを渡します。
そのため、チップを渡すことを考えている方は、ショーが始まる前に購入しておきましょう。お店によっては、料金と引き換えにそのままチップ用のコインや独自紙幣がもらえることがあります。

また、チップを渡す量やタイミングに明確なルールはありません。ショーを披露してくれたキャストに平等に渡しても良いですし、お気に入りのキャストに何枚も渡すのもお客さんの自由です。

チップを渡すタイミングはショーの開演前、終演後が一般的です。多くのお店はショーの前後にステージに上がるキャストとお客さんが交流する時間を設けているので、会話や食事を楽しむ流れでチップをさりげなく渡してあげましょう。

ショーパブの常連にもなると、必ずお気に入りのキャストが出てきます。また、気前よくチップを渡すことで、キャストさんに顔を覚えてもらえ、ショーが開催されていないときには優先して会話をしてくれることもあるかもしれません。

4.ショーパブで働くには?

非日常空間を演出するキャストとして、ショーパブで働きたいと希望する方も少なくありません。ショーパブのキャストは基本的に時給で働いており、応募者のほとんどが未経験の方です。そのため、技術がなくても気軽に応募できるナイトワークとして人気です。

しかし、マジックショーやモノマネショー、芸人ショー、ポールダンスなどは相応の技術や実績が求められます。
一度ショーパブで働いてみたいという方は、ショータイム制を導入していて、かつエンターテイメント性が強いダンスショーのキャストに応募してみてましょう。

もちろん、ショーパブで働き始めてからすぐにキャストとして出なければならない、と決まりがあるわけではありません。ショーパブで既に働いている先輩から、さまざまな技術を教わったのち、一人前のキャストとしてさらなるスキルアップを目指すことが可能です。

特に、ショーパブが人気となっている現在では、未経験の方でも積極的に採用している傾向にあります。「ただショーパブの雰囲気に興味がある」「多くのお客さんを楽しませたい」などのような気持ちがあれば、採用される確率も低くはないでしょう。

技術が磨かれ、ファンを獲得できれば、チップなどの歩合給も得られます。頑張れば頑張るほど高い収入を得られるショーパブのお仕事は、誰もがプロ意識とやりがいを持って取り組めるでしょう。

まとめ

非日常的な空間を楽しめるショーパブ。セクシーダンスやエンターテイメントショー、お笑い・モノマネショーなどその種類は多岐に渡ります。また、ナイトスポットの中でもショーパブ初心者や女性でも参加しやすい料金プランとなっているため、近年では二次会や接待でも多く利用されています。

また、ショーパブはストレス解消にもなると評判です。仕事帰りにふらっと立ち寄れ、親しい友人と一緒にテーマパーク感覚でも楽しめるのもショーパブの魅力でもあります。まだ、ショーパブに行ったことがない方はぜひ遊びに行ってみてください。そして、キャストとして多くのお客さんを楽しませたいと興味を持った方は、ぜひ応募してみてください。

コメント