PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
52 view アンケート ラブグッズ
公開日:2019/08/27|最終更新日:2019/08/27

ラブグッズモニターとは?働くメリットや楽しく稼ぐためのコツも紹介

ラブグッズモニターとは?働くメリットや楽しく稼ぐためのコツも紹介

「ラブグッズモニター」とは、ラブグッズをモニタリングするお仕事です。自宅などでラブグッズを使い、感想をレポートするだけで報酬が得られるため、多くの女性から注目を集めています。

しかし、「ラブグッズを使うだけで本当に稼げるのか」「どの程度稼げるのか」など疑問を感じている女性も少なくありません。

そこで当記事では、「ラブグッズモニターの仕事内容」や「採用条件・報酬相場」「上手に稼ぐためのコツ」について解説します。「隙間時間に効率よく稼ぎたい」という方は、ラブグッズモニターのメリット・デメリットを踏まえた上で、検討してください。

1.ラブグッズモニターとは?採用条件から報酬相場まで解説

登録した会社から提供されるラブグッズを試供するラブグッズモニターは、以下のようなグッズを実際に使用し、感想をレポートします。

ラブグッズの種類 概要
電気マッサージ器(電マ) 強い刺激的な振動で快感が得られるツール
バイブレーター 様々な振動により快感が得られる多機能ツール
ローター ピンポイントな振動により快感が得られるツール
ラブローション 摩擦を減らし、身体への負担を抑える潤滑液

ラブグッズモニターは、アダルトな要素があるお仕事であるため、「18歳以上の女性(高校生不可)」といった応募条件が定められています。また、お仕事を始める時には、「顔写真付き身分証明書」の提示を求められることが一般的です。

18歳以上で、身分証明書の提示が可能な方は、女性向け高収入求人を掲載したサイトからラブグッズモニターに応募できます。

サイトに掲載された応募方法に沿って、応募が完了した後は、一般的には面接が行われます。ただし、キャバクラやリフレなど他の女性向け高収入アルバイトとは異なり、容姿や話し方、経歴などが採用に影響を及ぼすケースは少ないです。
そのため、人とのコミュニケーションが苦手な方でも始めやすいという特徴が、ラブグッズモニターにはあります。

キャバクラやリフレなどの他の女性向け高収入アルバイトと比べて、ラブグッズモニターは始めやすいお仕事ですが、得られる報酬は少なくありません。ラブグッズモニターの報酬相場と所要時間は、下記表の通りです。

1回あたりの報酬相場 2,000円~5,000円ほど
1回あたりに掛かる時間 20分~30分ほど(レポート込み)
基本時給換算目安 4,000円~1万円ほど

ラブグッズモニターのお仕事では、試供するグッズによって、作業時間や報酬相場に差があります。しかし、比較的時間が掛かるケースでも30分ほどで、数千円の報酬が得られるため、時給換算で数千円~1万円のお仕事です。

2.ラブグッズモニターの種類と仕事の基本的な流れ

ラブグッズモニターには、自宅でお仕事ができる「在宅ラブグッズモニター」と事務所に通ってお仕事を行う「通勤ラブグッズモニター」の2種類があります。在宅と通勤では、お仕事の基本的な流れが異なるため、自分の性格やライフスタイルに合わせて、選択しましょう。

ここでは、それぞれのお仕事の「特徴・魅力」や「基本的な流れ」について、紹介します。

2-1.防音個室が使える「通勤ラブグッズモニター」

通勤ラブグッズモニターの基本的なお仕事の流れは、次の通りです。

  • ①指定の場所へ向かう
  • ②ラブグッズを使用する
  • ③ラブグッズの感想をアンケート用紙に記入する
  • ④アンケート用紙を提出する
  • ⑤報酬を受け取る

通勤ラブグッズモニターは、会社から指定された場所でグッズを使用します。指定場所へ到着した後は、会社から提供されるラブグッズを実際に使用しましょう。使用後は、使い心地や感じたことなどをアンケート用紙に記入し、提出することで、お仕事が完了します。

ラブグッズモニターが、グッズを実際に使用する場所は、外に中の音が漏れない完全防音仕様の個室であることが一般的です。
そのため、ラブグッズを使用している様子が他の人に見られないことはもちろんのこと、大きな声を出した時も声が誰かに聞かれる心配はありません。ラブグッズを使用することに恥ずかしさを感じる方も、安心してお仕事に専念できます。

また、通勤ラブグッズモニターの魅力的なポイントは、日払いが可能な会社が多い点です。モニター報酬だけではなく、交通費の支給も行われる会社が多く、すぐにお金を受け取りたい方にとっては、通勤ラブグッズモニターのお仕事が向いています。
さらに、24時間お仕事ができる会社もあるため、自分の好きなタイミングで働くことも可能です。

2-2.好きなタイミングで働ける「在宅ラブグッズモニター」

在宅ラブグッズモニターの基本的なお仕事の流れは、下記の通りです。

  • ①配送業者から荷物を受け取る
  • ②ラブグッズを使用する
  • ③ラブグッズの感想をアンケート用紙に記入する
  • ④同封の返送用封筒を用いてアンケート用紙を郵送する
  • ⑤後日、報酬を受け取る

ラブグッズモニターへの登録は、「インターネットで完結する場合」と「事務所訪問が必要な場合」があります。ただし、いずれの場合も一旦登録を完了した後は、在宅でお仕事が完結する点が、在宅ラブグッズモニターの特徴です。

在宅ラブグッズモニターでは、自宅でお仕事に取り組むために、配送業者からラブグッズを受け取る必要があります。しかし、多くの会社では、荷物の中身がラブグッズであると分からないように、包装や発送元の表示に工夫が施されているため、他人に気付かれる心配はありません。

在宅ラブグッズモニターは出勤する必要がなく、指定された期間内にアンケートの提出を済ませるだけで報酬が発生します。自宅に居ながら、自分の好きなタイミングでモニターとして働ける点が、在宅ラブグッズモニターの特徴・魅力です。
他の内職系在宅ワークに比べて、得られる報酬が大きいため、自宅から一歩も出ずに高収入を得たい方に向いています。

3.ラブグッズモニターのメリット&デメリット

自由な働き方で、高収入が得られるラブグッズモニターには、他の女性向け高収入アルバイトと比べて、様々なメリットがあります。しかし、ラブグッズモニターとして働き始める上では、いくつかのデメリットも存在する点に注意しなければなりません。

ここでは、ラブグッズモニターのメリット&デメリットを詳しく解説します。注意すべきポイントだけではなく、その対処法も紹介しているため、安心してラブグッズモニターを始めたい方は、ぜひ確認してください。

3-1.メリット①男性と接触せずに働ける

ラブグッズモニターというお仕事は、報酬面から見ると「女性向け高収入アルバイト」という枠組みに入ります。
しかし、ラブグッズモニターは、キャバクラやリフレ、風俗などといった他の女性向け高収入アルバイトとは異なり、接客業ではありません。そのため、男性と接触することなく、お仕事が完結します。

他人とコミュニケーションを取ることが苦手な方や男性と接触することに苦手意識を抱えている方にとっても、ラブグッズモニターは安心して働ける点がメリットの一つです。

3-2.メリット②最新のラブグッズを利用できる

ラブグッズモニターが使用するグッズは、主に新製品の最終チェックとして試供されます。まだ世に出回っていない最新のラブグッズを試供できる機会があるため、普段からグッズで楽しむことが好きな方には、おすすめのお仕事です。
会社や試供するラブグッズによっては、試供品を返品する必要がないため、気に入ったグッズをそのまま使い続けられます。

また、ラブグッズモニターのお仕事には、下着着用のモニタリングを行う機会もあるため、あまりラブグッズに興味がない方も取り組むことが可能です。

3-3.メリット③人に知られずに仕事ができる

ラブグッズモニターは、他人との接触機会が少ないお仕事であるため、誰にも知られずに働けます。女性向け高収入アルバイトのなかでは、最も身バレのリスクが少ないお仕事です。

例えば、女性向け高収入アルバイトの一つであるキャバクラでは、お酒とトークで男性客を楽しませます。お店のスタッフ以外にも一般のお客さんと接する機会が多いため、家族や友人などにキャバクラで働いていることが、知られてしまう可能性がゼロではありません。

一方で、ラブグッズモニターは通勤・在宅のいずれも、会社のスタッフ以外と接する機会がないという特徴があります。誰にも知られずに、本業以外の収入を稼ぎたい方には、ラブグッズモニターがおすすめです。

3-4.メリット④特別なスキルや知識が無くても稼げる

ラブグッズモニターは、特別なスキルや知識を持っていない方も、大きく稼げるチャンスのあるお仕事です。

キャバクラやリフレ、風俗など、ラブグッズモニター以外の女性向け高収入アルバイトで大きく稼ぐためには、高いレベルのコミュニケーション能力や特別なスキルが求められます。例えば、性的サービスを提供する風俗の場合、接客スキルや性行為のスキルだけではなく、男性客の性格・趣味に合わせたサービスの提供など、高いレベルのスキルが必要です。

一方、ラブグッズモニターは人と接する機会が少ないため、コミュニケーション能力や男性を魅了する容姿などは求められません。また、特別な知識も必要なく、ラブグッズを使用した率直な感想をアンケート用紙に記載できれば、報酬が受け取れます。

3-5.デメリット①ダミー求人の可能性がある

ラブグッズモニターのお仕事を探す時は、ダミー求人に注意する必要があります。ダミー求人とは、本当は風俗やAVなど別のお仕事を募集しているのにもかかわらず、女性を集めるためにラブグッズモニターとして、求人募集を行うことです。
決して、ダミー求人が多数を占めている訳ではありませんが、まれにラブグッズモニター求人のなかに紛れ込んでいます。

ダミー求人であることが発覚した時には、面接の場で答えを出さないことが大切です。例えば、「風俗の仕事は楽で稼げる」と説得されても、その場では答えを出す必要はありません。
面接の場ではイエスと答えずに、一旦冷静になって判断しましょう。スタッフの説明に納得できない時は、きっぱりと断ることも大切です。

3-6.デメリット②家族にバレる可能性がある

在宅でラブグッズモニターを行う場合は、家族にバレるリスクに注意しなければなりません。在宅ラブグッズモニターでは、お仕事のたびに荷物が届けられるため、家族と同居している場合は、荷物の多さを不審に思われる可能性があります。

家族に内緒でラブグッズモニターを行いたい場合は、私書箱などのサービスを利用することがおすすめです。
また、通勤ラブグッズモニターとして働くことで、自宅にグッズが届けられなくなるため、家族に気付かれるリスクを減らせます。

4.ラブグッズモニターのよくある質問

ラブグッズモニターは、女性向け高収入アルバイトのなかでも、マイナーなお仕事であるため、疑問を感じた場合も解決できる情報が見つかりづらいです。そこで、ここではラブグッズモニターとして働くことを検討されている方が、よく疑問に感じられる事柄について、まとめています。

「ラブグッズモニターとして稼ぐためのコツ」や「向いている女性のタイプ」「始めるための準備」について、疑問を感じている方は、ぜひ確認してください。

4-1.ラブグッズモニターで稼ぐためのコツは?

ラブグッズモニターは時給制ではなく、歩合制のお仕事です。そのため、ラブグッズモニターで大きく稼ぐためには、数をこなすことが課題となります。しかし、試供できるラブグッズの数は無限ではありません。会社から届く業務連絡に素早く対応する必要があります。

また、ラブグッズモニターは、「ラブグッズを使うこと」だけではなく、「レポートを書くこと」も大切なお仕事です。会社が求める水準以上のレポートを作成するために、ラブグッズを使った感想を率直かつ丁寧に記載しましょう。会社からの評価が上がることで、次のお仕事にも繋がります。

在宅ラブグッズモニターの場合は、納期を意識したお仕事を心掛けましょう。納期までにレポートを提出できない場合は、報酬が受け取れないルールとなっている会社もあります。反対に、素早い対応を心掛けることで、安心してお仕事が任せられるモニターとして評価されることにより、業務依頼の増加に繋がるでしょう。

4-2.ラブグッズモニターにはどのような女性が向いている?

ラブグッズモニターには、次のような女性が向いています。

  • ・ラブグッズが好き
  • ・ラブグッズを使うことに対して抵抗がない
  • ・ラブグッズを使ったことはないが、興味はある

普段からラブグッズを頻繁に利用される女性にとっては、趣味でお金が稼げるという意味で、天職だといえます。また、ラブグッズの使用経験が少ない方も、使用することに偏見を持っていない方であれば、モニターのお仕事は不可能ではありません。

また、隙間時間で働けるお仕事であるため、ラブグッズモニターを専業として稼いでいくのではなく、副業的にコツコツと稼ぎたい方におすすめです。

4-3.ラブグッズモニターを始めるための準備は?

ラブグッズモニターの登録手続きを行うためには、年齢を確認する目的で身分証明書の提示が必要となります。認められる身分証明書の種類は、会社によって異なりますが、運転免許証などの顔写真付き身分証明書を求められることが一般的です。

また、ラブグッズモニターはグッズの使用経験がない方も、お仕事が始められます。ただし、自分で試供品を選べる会社が多いため、事前にラブグッズの種類や特徴を把握しておくとスムーズにお仕事に取り組めるでしょう。
ラブグッズ初心者の方には、ローターなどの扱いやすいアイテムを選ぶことがおすすめです。

まとめ

ラブグッズモニターは、高校生を除く18歳以上の女性であれば、様々な方が働けるお仕事です。時給制ではなく歩合制であるため、「本業以外に少しだけ稼ぎたい」「隙間時間にコツコツ稼ぎたい」など、自分の希望に合った働き方が選べます。
30分程の短い時間で、数千円の報酬が得られるため、数をこなすことで大きく稼ぐことも可能です。

ラブグッズモニターに興味のある方は、メリット・デメリットや注意点を確認した上で、自分のライフスタイルや性格に合ったモニターのお仕事に応募してみましょう。

コメント