PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
38 view キャバクラ ナイトワーク
公開日:2019/09/18|最終更新日:2019/09/27

高級クラブとキャバクラは何が違う?面接時の注意点も解説!

高級クラブとキャバクラは何が違う?面接時の注意点も解説!

「高級クラブ」と呼ばれるお店を耳にしたことがある方も多いでしょう。
よく知らない方は、キャバクラをより高級にしたもの、とイメージしてみてください。東京銀座や六本木のような都会で多くの店舗が営業しており、そこで働く女の子はホステスと呼ばれます。人気ホステスとなれば、普通の会社勤めでは難しい高額の給料を得ることも夢ではありません。

高収入を求めて高級クラブで働きたい場合は、仕事内容や具体的な給料額について詳しく知っておきたいところです。当記事では面接で採用されるための身だしなみから、ホステスとして働くためのコツをご紹介します。

1.高級クラブとは?

高級クラブを簡単に説明すると、お客さんの隣にホステスが座り、お酒を作ったりお客さんと会話をしたりするお店です。お客さんを楽しませてお酒を気持ちよく飲んでもらうことが、高級クラブに勤めるホステスの仕事です。

ホステスがついてお客さんに接客するというと、キャバクラと同じではないかと思う方もいるでしょう。この2つは確かにコンセプトが似ているものの、お店のシステムは異なります。

■高級クラブの特徴

  • ・高級クラブは会員制であり、お客さんは利用の際に入会する必要がある
  • ・ホステスは永久指名制度で担当が決まっているため、フリーのお客さんは基本的に存在しない

ホステスの永久指名制度とは、初来店したお客さんを担当したホステスが、次回以降の来店時にも接客を担当するというものです。頻繁に来店してくれるお客さんとは付き合いが長くなるため、親密な関係での接客につながることが高級クラブのメリットといえます。

■キャバクラの特徴

  • ・キャバクラは多くが会員制ではなく、お客さんが来店しやすくなっている
  • ・キャバクラ嬢はお客さんが来店した際に指名する

一方のキャバクラは、お客さんが気軽に楽しめることが特徴のお店です。高級クラブの会員制は来店のハードルが高いデメリットがありますが、キャバクラは以下のようなシステムを採用して自由度が高くなっています。

■高級クラブとキャバクラの比較
さらに、客層・接客スタイル・給料システムといったお店の経営に関わる部分も、高級クラブとキャバクラは同じではありません。

客層

高級クラブキャバクラ
  • ・一流企業の重役や政治家など政財界の著名人
  • ・大物芸能人や芸能業界関係者
  • ・年齢層は比較的高め
  • ・リーズナブルに利用したいサラリーマンが多い
  • ・年齢層は幅広い

接客スタイル

高級クラブキャバクラ
お客さん1人に、レギュラーのホステスとヘルプ数人で接客を行う、グループスタイルお客さん1人にキャバクラ嬢が1人で接客する、マンツーマンスタイル

給料システム

高級クラブキャバクラ
  • ・給料形態は月給制または日給制
  • ・ボトルやチャージ料金のバックはレギュラーのホステスにのみ入る
  • ・ヘルプのホステスにはバックがない
  • ・給料形態は時給制
  • ・ドリンクや指名料などのバックはキャバクラ嬢に入る

このように、高級クラブは金に余裕があるお客さんをメインターゲットに据えたお店となっています。お客さんには会員制での登録を条件としているように、社会的地位の高い方が来店されることが特徴です。
接客は、基本的にレギュラーのホステスを中心としたグループで行うこととなります。新人のホステスはまずヘルプから入り、経験を十分積んだのちにレギュラーへと昇格する流れです。

2.高級クラブでの仕事内容や求められる要素を解説!

高級クラブのシステムが分かったところで、ホステスは具体的にどのように働くのか、気になるのではないでしょうか。

ここからは高級クラブで働くホステスの仕事内容と、接客の上で心掛けておきたいポイントを解説します。キャバクラで働いた経験がある方も、高級クラブで働くときには異なるテクニックが必要である点に注意してください。

2-1.【仕事内容】お酒の席で接客をする

高級クラブで働くホステスの主な仕事内容は、お客さんにお酒を作って接客することです。店内の掃除や備品管理などを行うこともありますが、クラブの収入に直結する接客は最も重要な業務といえます。

ただし、ホステスの接客とは、ただお酒を作るだけではありません。お客さんの話を聞いたり、場を盛り上げるために話をしたりと、会話を行う中でお客さんのニーズをしっかり読みとる必要があります。

とくに意識しておきたいポイントは以下の3点です。

  • ・お客さんを楽しませること
  • ・リラックスできる心地よい空間を作ること
  • ・お客さんごとのお酒の種類や割合を覚えること

高級クラブは、お客さんがリラックスする場所であることは忘れないようにしてください。お客さんにとって楽しい、心地よいと感じるお店でなければ、「もう一度来店しよう」という気持ちにはなりません。

2-2.【求められる要素】知性と高級感が求められる

お客さんをもてなして盛り上げるなら、キャバクラのように明るくはしゃいだり、フレンドリーに接すれば良いのではないかと考える方もいるでしょう。
しかし、客層に社会的地位の高い人が多い高級クラブでは、このタイプの接客が通用しません。高級クラブは接待や商談で使われることも少なくない社交場であり、ホステスには知性と高級感のある立ち居振る舞いが求められます。

知性と高級感を持っているホステスである、と見せるためには、内面と外面を整えることが必要です。

とくに下記の2点を意識してください。

  • ・敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)を正しく使う
  • ・身なり(服装・髪型・アクセサリー)を清潔にする

正しい敬語と清潔感のある身なりというと、社交性の高い方や長い就業経験のある方は、ごく当たり前となっているものです。お客さんには企業の社長や芸能関係で働く方たちが多いため、相手の敬語や身なりには厳しい視線を向けてきます。この2点をおろそかにしていると「お店の教育がなっていない」とお店の評価にまで影響しかねません。

お客さんの話題に合わせられるように、経済・政治・ビジネスなどの知識を幅広く身に着けておくことも必要です。お客さんがどのような仕事をしているのか、来店時にどのような話題を出すのかを押さえておき、適切なトークのチョイスができるように研究が欠かせません。また、知識を身に着けても、それをひけらかす態度ではお客さんを不快にさせてしまいます。お客さんが楽しめることを目的として受け答えする姿勢を持つようにしてください。

3.高級クラブで働く際に知っておきたい!「好まれる服装」とは?

高級クラブで働くと決まったとき、どのような服を着ればよいのかについて迷ってしまうのではないでしょうか。

ホステスの服装として意識しておきたいポイントは、お店の雰囲気に合わせることです。お店がボディラインを強調する服装を推奨するのであれば、タイトなドレスやスーツを選ぶことがおすすめとなります。ホステスの服装に多く見られる次の4点をあてはめて考えてみましょう。

  • ・ボディラインが出ている
  • ・胸元があいている
  • ・スカートにスリットが入っている
  • ・清楚や落ち着きを感じさせるデザイン

セクシーさと清楚さのバランスをとることが、ホステスの服装で難しい点です。バランスをどのようにとればよいのかは、先輩ホステスの服装をチェックすることで調べることができます。お店によってはホステスのドレスコードも細かく定めていることがあるため、面接時に確認してみてください。

それでは、ホステスが好まれやすい服装の代表例を3つご紹介します。

■ワンピース
ワンピースはスカート丈が膝あたりまでとなっているため、清楚な印象があると男性から人気の服装です。清楚でありながら腕や胸元に自然な肌の露出があり、上着を組み合わせることで露出の調整も難しくありません。ゆるく広がっているスカート部は、下半身の体型を隠すことができます。

■キャバスーツ
キャバスーツは体にぴったり沿っていて、腰の曲線が強調される服装となっています。脚部の露出が広くとられていながら上品さも兼ね備えているため、セクシーさを出したいときにぴったりです。ただし、体にフィットしていることが美しく見える条件であるため、ワンピースよりもシビアなサイズ感で選んでください。

■ペプラムドレス
腰のあたりがキュッと引き締まっているペプラムドレスは、カジュアルかつセクシーな雰囲気が魅力的な服装です。ウェストの細さを強調することができて、フワッと広がった裾は気になるヒップを隠すことができます。ボトムをふんわりしたスカートにするか、タイトスカートにするかで雰囲気を変えられる点も特徴です。

4.高級クラブの給料相場と稼ぐコツ

高級クラブで働くとなると、最も気になる点は給料についてではないでしょうか。

お金を稼ぎやすいというイメージが持たれている高級クラブのホステスですが、その給料相場はまさにピンキリです。レギュラーやヘルプのホステスが具体的にいくらもらえるのかと、稼ぐためのコツをご紹介します。

4-1.高級クラブの給料相場はいくら?

高級クラブの給料相場を知るためには、まずはホステスの働き方についてしっかり理解しなければなりません。高級クラブのホステスにはレギュラーとヘルプの2種類があることはすでにお伝えしましたが、この種類の違いによって給料にも差が生じます。おおよその違いを表にして見てみましょう。

ホステスの種類給料形態給料
レギュラー月給制月給約20~300万円
ヘルプ日給制日給約2~3万円
ゼロヘル日給制日給約1~2万円

担当するお客さんを持っているレギュラーのホステスは、高級クラブの花形といえる存在です。給料は月額制ですが、その給料額は固定ではなく、担当したお客さんからの売り上げの一部がバックされるシステムとなっています。そのため、レギュラーの給料は頻繁に来店してくれる太客の存在に大きく左右されるといってよいでしょう。担当のお客さんがなかなか来店してくれないと給料も落ちてしまいますが、売り上げのよい一流ホステスなら月に100万円以上を稼ぐことも少なくありません。

一方で担当のお客さんを持っていないヘルプの給料は、日給制の固定額となっていることが大半です。レギュラーのように売り上げが大きくなるほど給料も上がることはないものの、一定額より下がることはないため安定して稼ぐことができます。

ゼロヘルとは、ヘルプとして入る固定のお客さんもいない状態のことです。入店したばかりの新米ホステスは、まずこのゼロヘルからスタートすることとなります。ゼロヘルの仕事は高級クラブのホステスとしては給料が低いものの、ノルマがないため働きやすいことが特徴です。

4-2.高級クラブで稼ぐためのコツは?

高級クラブで稼ぐためには、お客さんに気持ちよくお酒を飲んでもらって、「また来よう」と思わせなくてはなりません。

そこで接客の基本である「会話」を丁寧に行いましょう。
まずは会話のネタを振って、お客さんがどの話題に興味を持っているのかを探り出す必要があります。自分が興味を持っている話題についてホステスがよく理解していると分かれば、お客さんはまたこのお店に来たいと思ってくれるものです。

また、お店からノルマが提示されている場合は、そのノルマをクリアすることを念頭に置きましょう。ノルマを達成すると、お店の売り上げに貢献したこととなり、給料が上がります。ヘルプのホステスでも同伴する回数にノルマ提示されることがあり、頑張れば日給以上に稼ぐことが可能です。

5.高級クラブの面接に行く場合は身だしなみに注意!

高級クラブの面接ではどのような格好でいけばよいのか、疑問に思う方もいるでしょう。

そのような方のために、高級クラブの面接で好印象を与えられる服装・メイク・髪形のポイントをご紹介します。いざ面接へ出掛ける前に、鏡を覗いて正しい身だしなみであるかを確認してください。

5-1.服装選びを慎重に行う

高級クラブで働くホステスには上品さが求められるため、面接時の服装も上品さを意識して選ぶ必要があります。そして働くときの服装がイメージしやすいように、清楚さを基調としてオシャレな印象を与えられる服装がおすすめです。

迷った場合は、ワンピーススタイルを選びましょう。ホステスが好まれる服装にもワンピースがあるように、働くときのイメージに近い服装を着用することで、面接担当者に好印象を与えることができます。体型も把握しやすいため、面接担当者が採否を決めやすいこともメリットです。

反対に、カジュアルやラフすぎる服装はNGです。Tシャツにジーンズ、サンダルのようにラフな格好では上品さが出せません。スウェットやパーカーのようなダボッとした服装も、面接担当者に「体型を隠したいのかな」というマイナスの印象を与えてしまいます。

5-2.メイクや髪形に気を配る

高級クラブの面接では、体型だけでなく顔も採否に影響します。ここで重要なポイントは、すっぴんが美人であるかではなく、自分を一番かわいく見せられるメイクができているという点です。高級クラブでは照明が控えめで、薄暗い内装にしていることがほとんどであるため、メイクをする際は顔立ちをはっきりさせるように要所を濃くしましょう。いつもよりアイラインを太めにして、口紅も赤系にすると暗めの照明でも顔がはっきりします。

髪は、ボサボサがよくないことはもちろんですが、染めている場合はプリンのように生え際が黒く色落ちしていないかもチェックしてください。面接前にサロンへ行って、ヘアセットをしてもらうことがおすすめです。染め直すときは、なるべく黒か茶系のように清楚さを出せる色合いにしましょう。金髪のような派手な色に染めると、高級クラブの上品さにそぐわなくなります。

このように、メイクも髪形もただ派手で目立つようにすれば良いものではありません。高級クラブのホステスに求められる上品さ・清楚さを基本に考えてセットすることが大切です。

まとめ

高級クラブのホステスは、お客さんをお酒の席で接客するお仕事です。来店されるお客さんには社会的地位の高い方が多いため、ホステスには上品さと知性が求められます。接客時だけでなく、面接での服装や言葉遣いも、上品さを第一に考えるようにしてください。

ホステスにはお客さんを担当するレギュラーと、レギュラーの手伝いを行うヘルプの2種類があります。新人ホステスは日給が1~2万と低めのゼロヘルからスタートですが、レギュラーのホステスになれば月給100万円も決して夢ではありません。高級クラブのホステスに興味を持った方はぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。

コメント

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読