PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
30 view キャバクラ ナイトワーク メリット・デメリット
公開日:2019/09/27|最終更新日:2019/09/27

ランジェリーパブで働くメリットとは?待遇や働き方など徹底解説!

ランジェリーパブで働くメリットとは?待遇や働き方など徹底解説!

ナイトワークのひとつ、ランジェリーパブではどのような仕事をするのか、ご存知でしょうか。漠然と「セクキャバ」や「いちゃキャバ」「抜きキャバ」と似たようなものをイメージしている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ランジェリーパブでの仕事内容や、ランジェリーパブで働くことのメリットについてご紹介します。

気になる給与相場や年齢層も含めてご紹介する他、実際に働くことを検討している方のために、デメリットや注意点も取り上げました。

1.ランジェリーパブとは?キャバクラと何が違う?

ランジェリーパブとは、女性が下着姿で接客するパブを指し、利用者からはランパブという通称で親しまれています。お店のシステム自体は一般的なキャバクラと同様です。
キャバクラとの違いは、ドレスではなく下着姿で接客することです。

また、似たようなお店にセクキャバ(セクシーキャバクラ)・いちゃキャバ・おっパブなどが存在しますが、ランジェリーパブとの違いをまとめると以下のようになります。

ランジェリーパブ セクキャバなど
お客様からのおさわり なしあり
お客様の膝に乗るサービス なしあり
サービスのメイン トークとお酒の提供お客様からのボディタッチ

セクキャバなどは、お客様におさわりを楽しんでもらうことがメインサービスのお店です。そのため、ダウンタイムやハッスルタイムなど、女性がお客様の膝に乗って密着するサービスタイムが設けられています。

ランジェリーパブでは、このような密着サービスはありません。お客様からのおさわりは禁止となっており、一般的なキャバクラと同じく女性とのトークやお酒を楽しむことを目的としています。

ランジェリーパブでは下着姿にて接客しますが、こちらから男性器に触れるような風俗的なサービスは行いません。また、お客様の前で下着を脱ぐこともないため、安心して働けるという声も少なくありません。

ちなみに、類似店に水着キャバが存在しますが、ランジェリーパブとは異なるお店のため、今回紹介する内容は当てはまりません。

2.ランジェリーパブで働くメリット

ランジェリーパブでは、トークとお酒を楽しんでもらうため、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。おさわりをメインサービスとするお店のように、キスやアプローチがうまければ指名を多くもらえる仕事ではありません。

しかし、通常のキャバクラと同じようにトーク力が求められるなら、下着姿になるメリットはあるのか、と疑問に思うでしょう。まずは、ランジェリーパブで働くメリットについてご紹介します。

2-1.給与相場がキャバクラよりも高い

基本的なサービス内容は、キャバクラもランジェリーパブも同様です。しかし、通常のキャバクラではなくランジェリーパブで働くメリットは、第一に給与相場の高さがあげられます。

具体的には、衣装がドレスから下着に変わるだけで、日給にして約5,000円ほど給与相場が高くなります。
はじめは恥ずかしいと感じていても、慣れてくれば水着感覚で仕事用の下着を身に着けることができ、羞恥心をそれほど感じなくなるという声も少なくありません。

2-2.トーク力に自信がなくてもOK!

セクキャバなどとは異なり、ランジェリーパブもキャバクラ同様にトークが上手でなければ活躍できません。

しかし、通常のキャバクラよりも、視覚的に男性を楽しませることができるため、トークへの評価も優しくなる傾向にあります。多少トークが上手でなくとも、スタイルの良い女性は下着姿の美しさ・愛らしさでリピート客をゲットします。

更にトークスキルが磨かれれば、もちろん給与やリピート率もアップします。トーク力にそこまでの自信がなくても、見た目やスタイルに自信がある方は、ランジェリーパブに挑戦してはいかがでしょうか。

2-3.お酒に強くなくてもOK!

ランジェリーパブの良いところは、トークやお酒を楽しんでもらいながら、女性は無理してお酒に付き合う必要がない点です。キャバクラのように、次々とお酒を飲む必要はありません。

トークと下着姿で男性を楽しませることができれば、十分お店で活躍できます。求人は18歳から応募可能となっており、未成年でもお酒のトラブルを心配することなく、しっかりと稼ぐことができます。

2-4.お客様の年齢層が若い

ランジェリーパブは通常のキャバクラと比べると、お客様の年齢層が若い傾向にあります。接待で利用する他、料金がリーズナブルで明瞭となっており、年収の低い若年層でも金額を気にせず遊べるためです。

お客様の年齢層が若いと、年齢の近い者同士、話が合いやすいメリットがあります。トークが苦手でも流行のアーティストやスポーツ選手の話題、人気のネット動画などで話が簡単に弾んでしまうため、楽しく接客できます。

また、近年は若い男性もおしゃれや体臭に気を遣っているため、外見のさわやかなお客様を接客する機会が多い点も、ささやかなメリットです。

2-5.何と言ってもおさわりなし!

セクキャバのように刺激的な衣装を売りとしているランジェリーパブですが、最大の違いは「お客様からのおさわりなし」となっている点です。

お客様とディープキスをしたり、胸を触られたりすることがないため、未成年でも安心して接客できます。万が一おさわりをしてくるお客様がいた場合、男性の接客係が止めたり、悪質なケースは入店拒否の対応をしてくれます。

ただし、お店によってはおさわり可能となっている場合もあるため、入店前に必ず業務の詳細を確認することをおすすめします。

3.ランジェリーパブで働くデメリット

給与相場がキャバクラより高く、性的なサービスをする必要のないランジェリーパブは、下着姿にさえ慣れれば魅力的な仕事です。

しかし、どのような仕事にもマイナス部分があるように、ランジェリーパブの仕事にも把握しておくべきデメリットや注意点があげられます。

ランジェリーパブで働くことを検討している方は、こちらでご紹介するようなデメリットをきちんと理解しておきましょう。事前にある程度知っておくと、入店後のトラブル回避にもつながります。

3-1.スタイル維持はマスト

外見を売りのひとつにしているのが、キャバクラやセクキャバ、ランジェリーパブです。特にランジェリーパブは下着姿を見せるだけで楽しんでもらう必要があるため、テクニックでごまかすことができません。

露出が多く、見た目で勝負する分、他の業種よりも外見への評価がシビアです。油断しているとせっかくのリピーターも去ってしまうため、スタイル維持が求められます。

また、スタイルの良さは入店時の評価にも影響します。面接合格や高収入を狙うのであれば、より一層スタイル維持・向上といった努力が必要です。

3-2.慣れない内は羞恥心に耐えられない?

ランジェリーパブでは男性からのおさわり行為を(お店が許可していない限り)禁止しています。通常のキャバクラと同様に接客しますが、おさわりなしと理屈では分かっていても、下着姿での接客に羞恥心を覚える初心者は多いでしょう。

しかし、近年の下着は色がカラフルなもの、生地が分厚いものや、何枚もレースが重ねられているものなど、デザインが豊富です。

衣装となる下着の選び方次第で羞恥心は半減させられます。慣れてくれば、水着を着て接客していることと大差ないという女性も少なくありません。

3-3.衣装(下着)代は自費

ドレスと違い、下着はキャスト同士で着まわすことができません。お店がレンタル衣装を用意できないおもな理由は、サイズの違いや衛生的な問題があるためです。

そのため、働くとなった場合、自費で衣装となる下着を購入する必要があります。毎日取り換えるため、ある程度の衣装代(下着代)がかかることを覚悟しておきましょう。

近年ではインターネット通販を中心に安くてもセクシーなもの、可愛いものが多く販売されています。男ウケの良い下着を安価で購入できるお店を探してみましょう。

3-4.体調管理に要注意

長時間、下着姿でいるうえ、店内はお客様にとって快適な温度に保たれています。そのような状況で冷たいドリンクを飲んだ結果、体調を崩す女性も少なくありません。

体調に不安がある日はTバックや露出の多い衣装を避け、ベビードールなど体を少しでも覆うものを選んで対策しましょう。

特に生理中は血液不足もあり、体を冷やしやすい時期です。無理に出勤せず、体調に合わせた勤務スケジュールを組むことをおすすめします。

3-5.悪質店舗に要注意!

残念ながら一部には悪質な店舗があり、募集内容とは異なるサービス(おさわり禁止のはずが、おさわり可能になっているなど)を提供している場合があります。そのようなお店でのトラブルを避けるためにも、面接時にはしっかりと仕事内容や条件について確認しましょう。

多くのお店で体験入店制度が用意されているため、一度体験してから入店するお店を決めると、お店選びの失敗を避けられます。

4.ランジェリーパブの給与相場は?どのような人が多い?

上記でご紹介したとおり、ランジェリーパブはキャバクラに比べると給与相場が高い傾向にあります。キャバクラ同様、時給以外にも収入ポイントがあり、頑張れば頑張るほど稼げる仕事です。

ここでは、改めてランジェリーパブの給与相場についてご紹介します。実際に働いているキャストはどのような方が多いのか、ランジェリーパブのキャバ嬢についてもあわせて紹介します。

4-1.ランジェリーパブの給与相場

同じサービスを提供しているキャバクラと比較すると以下のような日給相場となります。

キャバクラ 20,000円~40,000円以上
ランジェリーパブ 23,000円~45,000円以上

多くのランジェリーパブでは時給計算で支払われ、時給相場は4,000円~7,000円程度です。また、基本給(時給×働いた時間)に加え、以下のようなバック(歩合給)が加算されます。

指名バック 指名されるごとに歩合給を支給
ドリンクバック 注文された飲み物代の数パーセントを歩合給として支給

ランジェリーパブの多くは、キャバクラのような同伴出勤やアフターを行っていないため、同伴バックなどはありません。

最初のうちは希望通り稼げるのか不安に思っている方もいらっしゃると思います。しかし、多くのランジェリーパブでは時給保証や日給保証の制度があるため、指名をしてもらえなくても一定水準の稼ぎを保証できます。

また、稼ぎという点では風俗業界と比べると高額にはなりません。がっつり高収入を狙いたい方よりも、手軽に効率良く稼ぎたい方に向いています。週1日からの勤務可能なお店も多く、副業感覚で始めやすい点も魅力のひとつです。

4-2.ランジェリーパブで働く人たち

ランジェリーパブで働く人の多くは、学生や主婦、副業ではじめるOLなど様々です。求人情報サイトによると、年齢別に見ると最も多いのが20代で、30代・10代(18歳以上)と続きます。

40代以降は少なめですが、キャバクラほど実年齢はあまり重視されないことから、40代や50代以上の女性も活躍しています。

お店で働くために重要なことは、下着姿で接客できることと、スタイルの良さです。
開放的な衣装から、働く女性は日常的にアクティブな印象を持たれがちですが、そのようなことはありません。

実際には、「スタイルに自信はあるけれど、トークが苦手」といった女性も多く、おとなしそうな外見をした方も在籍しています。

また、ランジェリーパブのピークタイムは、他のナイトワークと同様に夜です。そのため、夜に時間的余裕がある方が、アルバイトや副業として働いています。

お小遣いを稼ぐ程度の方であれば、開店時間(お昼開店のお店もあり)や夕方を中心に働きますが、少しでも多く稼ぎたいという方は夜のピークタイムを中心としたシフトにしています。

5.ランジェリーパブの下着はどう選ぶ?

ランジェリーパブの魅力のひとつが、普段身につけるには大胆な下着や、装飾の豪華な下着・アクセサリー(ガーターベルト等)を身に着けられる点です。女性が一度は憧れる可愛らしいデザインやセクシーなデザインの下着を、仕事着として着ることができることは、ランジェリーパブならではの特権ではないでしょうか。

しかし、いざ選ぶとなると何を着れば指名につながるのか、羞恥心を和らげることができるのか難しいところです。最後に、衣装としての下着を選ぶコツをご紹介します。

5-1.紐(ほどける)の下着は鉄板

水着のように紐で留めるタイプの下着は、鉄板の人気デザインです。自分に似合うデザインや種類が見つからないときは、紐の下着から挑戦してみてはいかがでしょうか。

お客様の男心をくすぐるように、「紐がほどけたらどうしよう」と、トークでアピールしましょう。もちろん、実際には解けないよう、対策を忘れてはなりません。

5-2.カラーバリエーションは必須

自分のキャラクター性を意識しつつ、日ごとに下着の色を変え、デザインだけではなくカラーバリエーションも意識してください。女性らしさを引き立てるピンクや定番の白に加え、プライベートでは身に着けないような柄物も試しましょう。

注意点は、黒色のような暗くて濃すぎる色を避けることです。照明が暗い店内では、暗い色の下着はデザインが分かりにくく、お客様の楽しみが半減してしまいます。色選びで迷う方は、インナーウェア専門店で採寸を依頼し、自分に似合う色をスタッフに相談すると良いでしょう。

5-3.慣れないうちは装飾の多いものを

入店して間もないうちは、恥ずかしさを覚えるのも当然です。布面積の小さいエロ系下着を避け、レースを多めに取り入れたデザインや、装飾の多い下着を選ぶと、恥ずかしさを多少軽減することができます。

一見すると、装飾の派手な水着のように見えるデザインがおすすめです。ベビードールなど肌の露出を控えるアイテムを取り入れて、少しずつ下着姿での接客に慣れていきましょう。

5-4.一番大事なことは自分に合ったもの

好みのデザインが、必ずしも似合うとは限りません。セクシー系の女性がロリ系の下着を身に着けたり、童顔を売りにする女性が大人の色気を押し出した下着を着ても、アンバランスさが目立ってしまいます。

自分自身のキャラクター性(顔・髪・肌・口調など)をもとに、自分のイメージに合ったデザイン系統で選ぶことが重要です。専門店で試着して、デザインとの相性だけではなく肌色とのバランスをチェックしましょう。当然ですが、肌荒れしないよう肌質に合った素材のものを選ぶこともポイントです。

まとめ

ランジェリーパブは、キャバクラと同様にトークやお酒をお客様に楽しんでもらうお店です。ただし、衣装がドレスではなく下着という点のみ違いがあります。

指名バックやドリンクバックなど歩合給も用意されており、頑張れば頑張るほどしっかり稼げます。似たようなイメージを抱かれるお店にセクキャバなどが存在しますが、セクキャバのような「おさわり・キス」の性的サービスはありません。

衣装は自費で用意しなければならない、スタイル維持が必須など、厳しい条件もありますが、トークに自信のない方でも気軽に始められる魅力的な仕事です。

コメント

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読