PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
78 view チャットレディ ナイトワーク メリット・デメリット
公開日:2019/12/26|最終更新日:2019/12/26

女性の高収入バイトの選び方を紹介!メリット・デメリットも解説

女性の高収入バイトの選び方を紹介!メリット・デメリットも解説

「高収入を効率よくゲットしたい」「効率よく稼げる仕事に転職したい」という女性は多いでしょう。女性の賃金は、男性よりも低い傾向にあり、普段の生活が厳しい人も多いのではないでしょうか。一方で、女性だからこそできる高収入バイトがあります。

今回は、女性ができる高収入バイトの選び方を紹介します。学生や会社員、主婦など、時間がない人は、効率よく稼ぐことが重要です。自分に合った仕事を探してみましょう。

1.女性が高収入を得られるバイトの選び方

女性が未経験でも稼げる代表的な高収入アルバイトが、「ナイトワーク」と「性風俗」です。いずれも短時間で稼げるため、Wワーク・副業としても人気を集めています。

女性の「ナイトワーク」には、キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ガールズバー・スナックでの勤務が該当します。なかでもキャバ嬢は、高給を得られる職業として有名です。ナイトワークの特徴は、「男性との会話」と「お酒」です。
男性の横に座って、お酒を作りながら会話で男性を楽しませることが主な仕事内容です。ただし、ガールズバーなど、原則男性の横には座らないお店もあります。

「性風俗」は、ソープ・デリヘル・ホテヘルなどでの勤務が該当します。風俗嬢と呼ばれる職業では、男性に対して局部を触ったりキスをする「性的なサービス」を行います。男性とおしゃべりすることもありますが、男性客の大半は風俗嬢と性的な行為をするために性風俗店を利用します。

ナイトワークや性風俗の仕事でも、男性と直に接する仕事であるため、働く職場によってはトラブルになったり、自分に合わないお店で働けば思うように稼げなかったりするリスクがあります。

1-1.優良なお店を選ぶ

ナイトワークをするにしても、性風俗店で働くにしても、稼ぐため・不要なトラブルを避けるため優良なお店で働くことは最も重要なポイントです。ナイトワークや性風俗で働く女性の給料が高いことから分かるように、経済効果が大きな市場であるため優良店にまぎれて、労働環境がブラックな店や違法な店舗も存在します。

優良なお店選びのために、下記3つのポイントを確認しましょう。

〇お店の流行り具合
ネット上の口コミや評判を確認して、お店の流行り具合を確認しましょう。流行っていないお店は、ノルマや罰金のルールが厳しかったり、お給料が支払われなかったりと、金銭的なトラブルに合う可能性があります。

〇広告やホームページ
広告や公式ホームページは、お店の特色が色濃くでる部分です。「どのような年齢層・見た目の女性が働いているのか」「お店のコンセプトや雰囲気はどのようなものか」など、自分にお店が合っているかを確認することができます。

〇待遇
お店の待遇は、特に注意して確認したいポイントです。ナイトワークや性風俗の仕事では、雇用契約を結ばず、業務委託の形で契約されるケースもあります。雇用契約でも業務委託でも、契約時点でどのような行為に対して給料・報酬が発生するのか、確認しておきましょう。反対に罰金やノルマがないのかも要確認です。
さらに、バックと呼ばれるインセンティブ給の発生条件や、実際に働いている女性の給料時給なども、あらかじめ確認しておきましょう。

1-2.体験入店をしてみる

ある程度ネットや口コミから情報を集めたら、実際に自分の目で確認してください。多くのお店で体験入店を実施しており、実際にその仕事をやってみることができます。もちろん、お給料も発生します。

体験入店では、「スタッフ・キャストの対応の仕方」「接客内容」「雑費や給料」についてをチェックしましょう。

実際に働いている人たちが暗い顔をしていたり、スタッフ同士の仲が悪かったりすれば、入店しても働きにくい職場である可能性があります。
求人に記載がなかった行為を強要されるお店は、信用できないため入店を控えた方が無難です。雑費の支払いやもらえる金額が、事前に聞いていた話を違えば、こちらも注意が必要なお店です。雑費代については、入店後も収入から差し引かれていくため要注意です。

2.女子大学生でも高収入がもらえるバイトの選び方は?

続いては、女子大生でも高収入がもらえるアルバイトの選び方を別途ご紹介します。大学生は、日中は授業があるため、働く時間が制限されています。一方で、1人暮らしの生活費や、奨学金の返済、交際費、など何かとお金が必用となります。
働ける時間が短い女子大生は、「短時間でも稼げる仕事」を選ぶことが大切です。

2-1.短時間でしっかり稼げる職場を探す

大学生が、生活費を稼ぐのにバイトばかりしていると学業がおろそかになり、せっかく大学に通っている意味がなくなります。しかし、大学生の醍醐味サークル活動にも参加していれば、バイトには週2,3回しか行くことができません。

短時間でもしっかりと稼ぐことができるように、今回紹介したナイトワーク・性風俗のお店で働くのは1つの選択肢となるでしょう。とくに、性風俗のソープやデリヘルは、キャバクラやラウンジよりも単価が高く、誰でも効率よく稼げるでしょう。
一方で、キャバクラやラウンジ、高級クラブなどでは、男性に気に入られることでバックが多く付くため、頑張れば頑張るだけ給料が増えるチャンスがあります。

そのため、時給が高く、バックを受け取りやすいルールがある短時間で稼げる職場を探しましょう。

3.女性が高収入バイトで働くメリット・デメリット

ここまでおすすめしてきたナイトワーク・性風俗の仕事には、メリットもあればデメリットもあります。どちらも確認したうえで、自分に合った仕事を選ぶことが重要となります。
特に、男性と接する職業であるため、疑問や不安を抱えている人は、要チェックです。

3-1.ナイトワーク

ナイトワークのメリットは、下記の通りです。

  • ・時給が高い
  • ・富裕層や社会的地位の高い人と知り合うことができる
  • ・女性らしさに磨きがかかる
  • ・コミュニケーション力が上がる
  • ・兼業しやすい

ナイトワークのデメリットは、下記の通りです。

  • ・風俗店で働いていると外聞が悪い
  • ・男性とトラブルになる可能性がある
  • ・金銭感覚が狂う
  • ・生活のリズムが狂う
  • ・ノルマや罰金などがある可能性がある

3-2.風俗

性風俗店で働くメリットは、下記の通りです。

  • ・時給が非常に高い
  • ・おしゃべりが苦手な女性でも稼げる
  • ・好きな時に働ける
  • ・女性としての魅力が上がる

性風俗店で働くデメリットは、下記の通りです。

  • ・好きではない男性とキスや性的な行為をしなければならない
  • ・男性と2人になるためトラブルになる可能性がある
  • ・男性に本番行為を強要されるリスクがある

4.女性が在宅で高収入を得るなら「チャットレディ」のバイトもおすすめ!

最後は、ナイトワーク・性風俗店で働くのは少し抵抗がある…という女性に向けて、「チャットレディ」の仕事を紹介します。
チャットレディは、電話やネット通話、メールなどで男性と会話をする仕事で、チャットレディ事務所でも在宅でも働くことができます。顔出しの有無、アダルト・ノンアダルトは選べます。ナイトワークや性風俗とは違う点は、「画面越し」という点です。男性と直接会う必要がないため、男性に性行為を強要されたり、トラブルになる心配はありません。

ほかにも、顔出しをしなくても稼ぐことができることから、身バレするリスクも低く、周りの目が気になる女子大生も安心して働くことができます。チャットレディ事務所では、女性が気持ちよく働けるように、可愛く清潔な個室のチャットルームを用意したり、無料で設備や衣装を貸し出しています。
在宅の場合でもパソコン・ウェブカメラの貸し出しがあるなど、初期投資もなく仕事を始めることができます。

初心者のためにアドバイザーや研修制度が充実しているところも多く、自分が活躍できる事務所に在籍しましょう。

まとめ

今回は、ナイトワーク・性風俗は、短時間で効率よく高収入を得られる仕事です。しかし、いずれも男性と直接会ってサービスを提供するため、不安を感じる人もいるでしょう。

「高収入は得たいけど、キャバクラやソープで働くことに抵抗を感じる…」という場合は、画面越しに男性と会話する「チャットレディ」の仕事がおすすめです。
女子大生や会社員、主婦など普段働く時間が十分にとれない人は、効率よく稼げる仕事でなければ、体力的にも精神的にも本業や学業・家庭に影響を与えかねません。

自分の時間も確保しながら自分に合った仕事をしたい場合は、ナイトワーク・性風俗・チャットレディそれぞれ体験入店をして、確認してみてはいかがでしょうか。

コメント