PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
204 view チャットレディ モデル 撮影会モデル
公開日:2020/03/30|最終更新日:2020/03/30

撮影会モデルには危険がある?対策とトラブルにあった時の対応を紹介

撮影会モデルには危険がある?対策とトラブルにあった時の対応を紹介

撮影会モデルは、特に若い女性に人気の高収入バイトです。高収入を目指して、撮影会モデルを始めてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、「撮影会モデルは危険」という噂を耳にした人の中には、撮影会モデルに参加することに不安を抱いている人も多いでしょう。

そこで本記事では、撮影会モデルが危険といわれる理由と、危険を回避するための対策について紹介します。トラブルに遭ったときの対応も解説しているため、ぜひ参考にしてください。

1.撮影会モデルに危険はある?

結論から言うと、撮影会モデルの仕事はきちんと対策さえすれば、危険ではありません。 ただし、何の対策もせずに撮影会モデルに参加すると、危険な場合もあります。

撮影会モデルは、仕事の当日まで相手の企業やカメラマンと顔を合わせる機会がありません。メールや電話でやり取りをしている際は安心だと思い込んでいても、いざ集合場所に出向いたら、危険な撮影会だったというケースも考えられます。

撮影会モデルは危険が少ない仕事ではあるものの、安全に参加するためには注意が必要です。

2.撮影会モデルが危険といわれる理由は?

撮影会モデルは安全な仕事ですが、中には「危険」と警告する人もいます。撮影会モデルが危険といわれる理由は、過去にトラブルが起きた事例があるためです。

ここからは、撮影会モデルが危険といわれる理由について解説します。
ごく稀なケースではありますが、撮影会モデルに参加する前に目を通しておきましょう。

2-1.わいせつ行為をされた女性がいる

撮影会モデルのカメラマンが、女性にわいせつ行為をしたケースも過去に存在します。
具体的には、撮影スタジオと称してホテルに連れ込んだり、何かと理由をつけて体を触ってきたりするケースです。悪質なカメラマンの場合、そもそも撮影が目的ではなく、わいせつ行為を目的に女性を呼び出すこともあります。

女性にわいせつ行為を企むカメラマンは、企業に所属するプロではなく、個人活動のアマチュア(フリーランス)が多いです。
もちろん、ごく一部の悪質なカメラマンに限られる話ですが、撮影会モデルに参加する際は、相手を慎重に見極める必要があります。

2-2.AV系撮影会の可能性がある

AV撮影会社が「撮影会モデル」と内容を偽り、AV出演者を募ることもあります。
具体的には、やり取りの段階ではAV系の撮影会であることを匂わせず、撮影当日になってから強引にAV系撮影に持ち込もうとするケースです。

実際に過去には、女性を無理矢理AVに出演させ、加害者が逮捕された事件もあります。過去の事件では、事前に美容院代を支払ったことや「実技あり」の契約書を結んでいたことを理由に、女性が断りづらい状況を作っていました。

撮影会モデルの仕事の中には、ごく一部ですがAV系撮影会が混じっている可能性もあることを覚えておきましょう。

2-3.撮影代・交通費が支払われない可能性がある

撮影代・交通費が支払われない撮影会モデルもあります。
お金が支払われないトラブルは、事前に金銭面について確認していないと起こりやすい問題です。「お金を払うとは一言も言っていない」と相手から告げられたら、女性側は引き下がるしかありません。

お金を払ってもらえないと自分が損をするため、事前に金銭面の条件をしっかりと確認しましょう。

3.安全に撮影会モデルをするためには?

一部の撮影会モデルの仕事には危険が潜んでいることもありますが、しっかりと対策を行えば、撮影会モデルの危険を回避できます。安全に収入を得るためには、危険な撮影会モデルの仕事を見極め、絶対に参加しないことが大切です。

ここからは、安全に撮影会モデルの仕事に参加する方法を解説します。
これから撮影会モデルの仕事に参加する人は、必ず目を通しておきましょう。

3-1.SNSでの募集は利用しない

最近はカメラマンがTwitterやInstagramを使用し、撮影会モデルを募集するケースも増えました。SNSは情報収集しやすく、誰でも気軽にカメラマンと連絡を取れる点がメリットです。

しかし、SNSを通じた撮影会モデルは、危険性が高いといえます。SNSは匿名性が高く、相手がどのような人なのかを確認できません。下心を持った男性が女性に近づくことを目的に、プロのカメラマンを装ってアカウントを運営しているケースも考えられます。

SNSを利用した仕事探しは非常に手軽ですが、安全面を考えると推奨できません。

3-2.企業が公式に募集する撮影会に応募する

企業が主催者となっている撮影会は、非常に安全性が高いです。企業が開催した撮影会でトラブルが起こると、今後の経営にも悪影響が及ぶため、撮影会のルールは徹底されています。

例えば、企業が開催する撮影会では、モデルに過度なポーズを要求したり直接触れたりする行為などは禁止です。運営側のスタッフも撮影に立ち会うため、見知らぬカメラマンと2人きりになる心配もありません。

企業の撮影会は、公式ホームページから募集していることもあります。撮影会モデルの危険を回避するためにも、企業が公式に募集する撮影会に絞って参加を申し込みましょう。

3-3.密室に入る撮影会には参加しない

密室で行う撮影会は、トラブルの元です。女性は男性に対して力で抗えないため、もしものときになす術がなくなってしまいます。

実際、密室で男性と2人きりになったことが原因で、わいせつ行為をされた事例も多いです。しかし、周りに人がいる状況であれば、いざというときに助けを求められます。

もちろん、密室に入る撮影会がすべて危険なわけではありません。しかし、少しでもトラブルに巻き込まれるリスクを減らしたいなら、密室で行う撮影会には参加しない方が無難です。

4.撮影会モデルでトラブルになったらどうしたらいい?

撮影会モデルでトラブルに遭遇したら、まずは公的機関に相談しましょう。
相談先は、トラブルに遭ったシチュエーションで異なります。

<撮影中にトラブルに巻き込まれそうなとき>

わいせつ行為やAV出演の強要など、自分の身に危険が及びそうになったら、すぐに警察に電話しましょう。突然の出来事で気が動転していても、手を出されてしまってからでは遅いため、迷わず「110」にかけることが一番です。また、「警察に電話します」と告げることで、相手が引き下がってくれる可能性もあります。

<事後にトラブルに巻き込まれたことを相談したいとき>

  • 警察
    撮影会に関して脅されたり、性的な写真や動画を撮られたりした場合は、警察に被害届を出しましょう。相談先は、被害を受けた場所から近い交番や警察署が一番です。同様の被害が多発している場合、警察が事情を把握している可能性があります。
  • 法律事務所
    被害を受けた証拠がある場合は、法律事務所に相談することも選択肢のひとつです。法律事務所は裁判以外にも、法に基づくさまざまな対応を提案してくれます。警察と並行して、法律事務所に相談してもよいでしょう。
  • 国民生活センター
    国民生活センターは、詐欺をはじめとする、さまざまな相談に応じてくれる公的機関です。無料かつ手軽に利用できるため、警察や法律事務所に相談すべきか迷っている場合は、国民生活センターに連絡してみましょう。

ここまでの解説を踏まえ、撮影会モデルの仕事に不安が残る人は、より安全に稼げるチャットレディの仕事に切り替えることをおすすめします。

チャットレディは、パソコンの画面越しに男性と会話をする仕事です。男性と直接会うことはないため、トラブルに巻き込まれる危険性はほぼありません。また、チャットレディの仕事は歩合制であり、頑張れば頑張るほど稼げることが特徴です。自宅で勤務する働き方を選べば、好きな時間帯に仕事ができます。

安全を確保しつつ高収入を目指したい人は、ぜひチャットレディを検討してみてください。

まとめ

撮影会モデルは、決して危険な仕事ではありません。しかし、ごく一部ですが、危険な募集もあります。今回紹介した安全対策を参考にし、危険な撮影会モデルを回避することが大切です。

万が一トラブルに巻き込まれた場合は、すぐに警察や法律事務所などに相談してください。実施に被害を受けたなら、法的処置も視野に入れて対応してもらえます。

それでも撮影会モデルに不安がある人は、安全性の高いチャットレディがおすすめです。チャットレディは報酬単価が高く、効率的に稼ぐことができます。「危険がない仕事で高収入を得たい」「安全な方法で稼ぎたい」という人は、チャットレディを候補に入れましょう。

コメント