PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
244 view メイド メリット・デメリット
公開日:2020/02/27|最終更新日:2020/02/27

メイド喫茶で働くメリット・デメリットから仕事内容までまとめて解説

メイド喫茶で働くメリット・デメリットから仕事内容までまとめて解説

可愛い制服が好きな人の中には、メイド喫茶のメイド服に興味があり、働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。非日常感を演出することで多くのファンを虜にするメイド喫茶の店員は、一般のカフェバイト以上の高収入も期待でき、女性からの人気が高い仕事のひとつです。

メイド喫茶は、人によっては趣味と仕事を両立できるなどといったメリットのある職場ですが、当然ながらデメリットも存在します。
この記事では、メイド喫茶での仕事内容やメリット・デメリットを紹介しているため、メイド喫茶で働いてみたいと考えている人は、参考にしてください。

1.メイド喫茶の仕事内容とは?

メイド喫茶は可愛らしい制服と独特の接客文句が特徴ですが、基本的な仕事内容は他の喫茶店と大差ありません。メイド喫茶の仕事は接客係とキッチン係に分かれ、お客さんの案内や給仕を行ったり注文どおりに調理を行ったりします。

一般のカフェとの違いは、以下のような点があげられます。

  • ・「いらっしゃいませ」ではなく「お帰りなさいませ」
  • ・「ありがとうございました」ではなく「行ってらっしゃいませ」
  • ・目の前で料理の仕上げやパフォーマンスをする
  • ・写真撮影やグッズ販売など独自のサービスを提供する

お客さんをお屋敷に帰宅した主人(女性客の場合はお嬢様)と位置づけ、おもてなしを行うことがメイド喫茶のコンセプトです。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」など一般的な接客用語とは異なるセリフでおもてなしをします。

料理の仕上げ(オムライスにケチャップをかけるなど)をお客さんの前で行ったり、美味しくなるおまじないをかけたりするパフォーマンスも仕事のひとつです。お店によっては、店内ステージで歌やダンスを披露することもあります。

アイドルのように写真撮影やグッズ販売が行われているメイド喫茶もあり、楽しみながら働ける点が最大の魅力です。

近年は料理に力を入れているお店や、よりこだわったコンセプトのあるメイド喫茶も増え、勤務先の選択肢が増えました。

2.メイド喫茶で働くメリット

近年では通常のカフェではなく、あえてメイド喫茶をアルバイト先に選ぶ女性もいるほど人気が高まっています。多くの女性から支持を得ている理由として、以下にあげる4つのメリットがあります。

  • ・可愛いメイドコスチュームで働ける
  • ・ネイル・髪色などが自由
  • ・同じ趣味の仲間と一緒に働ける
  • ・普通のカフェよりも高時給

メイド喫茶の特徴的な制服は、一般的なカフェ制服と比べると可愛らしさに特化しています。独自のデザインを取り入れているお店も多く、新人・リーダー・人気スタッフなどランクごとにデザインを変えるお店もあるほどです。イベント時には別途コスプレ衣装が支給されるケースも珍しくありません。

また、メイド喫茶は基本的にスタッフそれぞれの可愛らしさを引き出すことが重要視されています。そのため一般的な飲食店では不可とされるネイルが許可されていたり、パステルカラーなどさまざまな髪色が選べたりと、自由にファッションを楽しめる環境にあります。

職場の仲間もコスプレや可愛い衣装、アニメやゲーム、漫画や声優を愛する人が多いため、同じ趣味の人たちでグループが作れます。

他にも、一般的なカフェや飲食店に比べると時給が高く、稼ぎやすい点も人気です。たとえば一般的な時給相場は首都圏を除くと多くの県で900円台ですが、メイド喫茶の時給相場は1,000円前後です。

人気店の場合は1,400円~1,500円で働けることもあります。写真撮影サービスなどに対するインセンティブ制度のあるお店も多く、頑張り次第で時給2,000円以上を得ることも可能です。

3.メイド喫茶で働くデメリット

自由におしゃれを楽しみながら可愛い制服で働けるメイド喫茶は、頑張り次第で高収入を得られるチャンスもあり、魅力的な仕事のひとつです。ただし一方で、一般的な喫茶店にはないコンセプトやサービスの影響によるデメリットも存在します。

メイド喫茶で働くことを検討している人は、メリットに加えデメリットもしっかりと把握したうえで慎重に仕事選びを行いましょう。

ここでは、メイド喫茶で働く人が意識すべき4つのデメリットと対策について紹介します。

3-1.セクハラ・ストーカーの被害にあう可能性がある

可愛い制服で働くメイド喫茶は、接客文句や態度のひとつひとつに親しみやすさを感じてもらうため、さまざまな工夫が施されているお店です。そのため、スタッフに必要以上のサービスを求めてくる人や、ストーカーまがいの行動をとる人がお客さんの中に現れることもあります。

近年はメイド喫茶自体が世界的に有名な日本の観光スポットと化したことが影響し、お客さんもいわゆる「オタク系」の人だけとは限りません。お店に足しげく通ってくれる程度の人であれば問題ありませんが、中には仕事終わりを待ち伏せする人も存在するため、自分自身でも警戒が必要です。

コミュニケーション過多なお客さんがいるなど、気になったことは男性スタッフや店長へ相談し、シフト変更等の対策をしてもらいましょう。

3-2.ビラ配り・キャッチがある

一般的な喫茶店とメイド喫茶の大きな違いは、ビラ配りの有無です。メイド喫茶で働く人は、宣伝のためにお店の制服を着た状態で店外に出てビラ配りをすることが多々あります。制服は特殊加工が施されているものではないため、夏は暑く冬は寒い環境の中、長時間チラシを配ったりお客さんの呼び込み行ったりと、環境によっては辛い時期が存在します。

お店によっては配ったチラシの量・呼び込みに成功したお客さんの人数が成績として時給に反映されることもあるため、高収入を目指すためには手を抜けません。

チラシ配りは新人のみではなくベテランスタッフが行うお店も多いため、先輩に配り方のコツなどを聞いて積極的にスキルアップを目指しましょう。

3-3.身バレする可能性がある

ステージパフォーマンスやスタッフの容姿を売りとしているメイド喫茶では、ホームページ上に写真をアップされるケースがあります。また、ビラ配りの業務もあるため、働く地域によっては知り合いや家族に知られてしまうリスクを考慮したうえで働かなくてはなりません。

身バレを防ぐためには、生活圏と重ならない遠方で働く他、店内では偽名やニックネームを使うなどの対策が必要です。ビラ配りを行わない店舗も存在するため、求人情報のチェック時はそのようなお店を選ぶ手もあります。

メイクを得意とする人は、普段のメイクとは異なる印象を作る手もおすすめです。つけまつげや使用するカラーを変更する程度でも気付かれにくくなります。

3-4.勤務中はずっとメイドになりきる必要がある

勤務中は、たとえ休憩時間や買い出し中であってもお客さんに見られる可能性があるため、気を抜くことはできません。メイド喫茶の制服は目立ちやすく、人通りの多い道でもお店のファンの人に注目されやすいものです。

独特の接客内容を楽しみながら働ける反面、普段の自分とは異なるイメージ像に疲れを感じる人も少なくありません。そのようなときは同じお店で働く仲間に相談する他、シフトを調整してもらい休息をとることもおすすめです。

メイド喫茶はキッチン担当もフロア担当も複数人のスタッフで働いているため、シフトをカバーし合える環境が整っています。自由シフトとなっているお店も多く、比較的柔軟に勤務日数の調節が可能です。

無理して続けようとはせず、適度に休んでメイド喫茶の仕事を楽しみましょう。

4.男性と会うのが心配なら「チャットレディ」がおすすめ

可愛い衣装を着て接客をしたいという気持ちがある反面、ストーカーやビラ配りに不安を感じる人は、他の働き方も検討してはいかがでしょうか。

たとえばチャットレディの場合、自由な服装で働くことができ、配信用のコスプレ衣装が用意されている事務所も存在します。コスプレ衣装の中には、メイド服が準備されている場合もあるでしょう。
勤務先も自宅や店舗内に限られるため、夏の暑さや冬の寒さで仕事に支障をきたすおそれもありません。メールなどで営業活動をするチャットレディもいますが、強制ではないため自分に合ったスタイルを選べます。

画面越しに男性と会話をするチャットレディは、顔を写さずに働くことも可能です。身バレのリスクをおそれている人も、安心して仕事を始められます。

まとめ

メイド喫茶で働く最大のメリットは、やはり可愛い制服と独自の世界観に囲まれて働けることです。基本的な仕事内容はその他の喫茶店と大差ありませんが、時給を比較すると飲食バイトとしては高収入の傾向が見られます。近年では女性人気が高く、メイド喫茶で働くことに憧れる人も少なくありません。

ただし、今回紹介したようにデメリットや注意点もあるため、慎重なお店選びとトラブルへの対策が必要です。チャットレディなど同じく高収入を狙える仕事とも比較して、自分に合った働き方や仕事を見つけましょう。

コメント