PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
62 view メリット・デメリット 在宅ワーク
公開日:2020/02/27|最終更新日:2020/02/27

在宅ワークのメリット・デメリット|会社勤務とどう違う?

在宅ワークのメリット・デメリット|会社勤務とどう違う?

「お金を稼ぎたいけど会社勤務はしたくない」と考えている方は少なくありません。在宅ワークは会社勤務の必要がなく、パソコンとネット環境さえあれば仕事ができる注目の働き方です。
しかし、在宅ワークはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

当記事では、在宅ワークのメリット・デメリットを解説しています。在宅ワークを始めるにあたってメリット・デメリットは何か、会社勤務と比較して異なる点を把握しましょう。

1.在宅ワーク4つのメリット

「在宅ワーク」と一口に言っても、ライターやエンジニア、チャットレディなど、さまざまな働き方があります。どの在宅ワークでも必須となるものは、パソコン・タブレットといった機器とネット環境です。
ここからは、在宅ワークにおける4つのメリットを紹介します。

①出勤しなくてよい
在宅ワークは自宅で仕事ができるため、会社勤めをせずに働くことができます。会社勤務であれば発生する通勤時間のストレスも、在宅ワーカーにはありません。通勤時間がかからない分、空いた時間を有効活用できます。また、在宅ワークでは上司や同僚と直接関わらないため、人間関係の煩わしさを感じることもありません。

②好きなタイミングで働きやすい
在宅ワークは自分の都合に合わせて働き方を決められるため、好きなタイミングで働くことができます。会社員のようにタイムカードに打刻して働くことはなく、自分で作業時間を管理することが在宅ワークの基本的な働き方です。育児や介護で長時間の仕事ができない方も、在宅ワークであれば臨機応変に働くことができます。

③住む場所に関係なく働くことができる
在宅ワークは、インターネットを介して仕事を行います。インターネットを使えば遠方の相手とも通信できるため、仕事の受発注に物理的な距離は関係ありません。会社勤務の場合は家とオフィスの距離を考えなければなりませんが、在宅ワークは国内外を問わず仕事を探すことができます。

④歩合制で稼げる仕事が多い
一般的な仕事は、労働時間に応じて賃金が支払われる「時給制」となっています。一方で、在宅ワークにおける報酬体系の多くは、仕事量に応じて賃金が決まる「歩合制」です。仕事1件にかかる時間が早いほど稼ぎやすくなり、数多くの仕事をこなせば大金を稼ぐこともできます。

2.在宅ワーク5つのデメリット

在宅ワークのメリットは、自宅で仕事を行うからこそ柔軟に働ける点です。しかし、在宅ワークにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

ここからは、在宅ワークの種類を問わず共通する5つのデメリットと、デメリットを乗り越えるための対策を紹介します。

2-1.働くスケジュールはすべて自己管理

自分の好きなタイミングで働けることは在宅ワークの大きなメリットですが、業務のスケジュールはすべて自分で管理しなければなりません。自己管理能力に乏しい方は仕事がなかなか進まず、生産性が落ちてしまう恐れがあります。

在宅ワークで受注する仕事の多くは納期が設定されているため、いつまでも着手せず、納期を先延ばしにすることはできません。作業を終わらせる日にちをしっかりと設定し、周りの目がなくとも仕事と向き合う姿勢の維持が必要となります。

在宅ワークのスケジュール管理に必要な項目は、仕事内容・納期・仕事に当てられる時間・仕事の進捗状況などです。現在はスケジュール管理用のアプリもあるため、アプリなども駆使しながら自分でスケジュールをきちんと管理しましょう。

2-2.研修や教育を受ける機会が少ない

在宅ワークには、基本的に上司や同僚といった存在がおらず、誰かと話す機会も多くありません。そのため、仕事に必要な技術の研修や教育を受ける機会が少なくなります。
在宅ワークの中でも、エンジニアやデザイナーのように専門知識やスキルを要する仕事は経験者でなければ難しく、自分自身で勉強しなければなりません。

しかし、データ入力やアンケートモニターのように、初心者が働ける仕事も数多くあります。特別な知識や経験がなくても働ける仕事内容であれば、研修や教育を受ける機会が少ない在宅ワークでも問題ありません。

2-3.誘惑が多く集中できない

在宅ワークの仕事場となる自宅は、誘惑が詰まっている空間です。置いている漫画や雑誌をつい読んでしまったり、集中力が切れたからとベッドで寝てしまったりしては、なかなか仕事は進みません。

自宅で在宅ワークする場合は、オフィスとなる部屋から娯楽・休憩アイテムを片付けましょう。パソコン・時計といった最低限のものだけをデスクに置くことで、部屋にいるときは仕事に集中できるようになります。部屋の外で休憩を取れば、仕事のメリハリもつけられます。

2-4.報酬が低い仕事も多い

在宅ワークは雇用契約や請負契約を結ばない働き方が多いため、報酬が低い仕事も多く見られます。報酬が低い仕事は、データ入力・調査・アンケートモニターが代表的です。1案件あたり数円・1時間で数百円など、副業やお小遣い稼ぎ程度の報酬設定であることも少なくありません。

ただし、在宅ワークでも、報酬額が高く設定されている業種は存在します。たとえば、在宅で働けるチャットレディの1時間あたりの時給相場は3,000円以上です。

2-5.コミュニケーション不足が起きやすい

在宅ワーカーと仕事の発注者の連絡手段は、メールやチャットアプリがほとんどです。しかし、メールやチャットの文面だけでは意図が正確に伝わらず、誤解を生む可能性があります。確認不足が仕事の進行に影響することもあるため、対面で会話できないことによるコミュニケーション不足は大きなデメリットです。

コミュニケーション不足を解消するためには、ビジネスの基本である報連相を守り、相手が理解してくれたかを都度確認する必要があります。テレビ電話を利用できる環境であれば、できるだけお互いの顔を見て対話するなど、緊密なコミュニケーションを心がけましょう。

3.会社勤務のメリット・デメリット

在宅ワークのメリット・デメリットを比較すると「会社勤務の方が働きやすいのでは」と考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、会社勤務にもメリットだけでなく、デメリットが存在します。

会社勤務のメリット

会社勤務で働く場合、給与形態は基本的に月給制です。自分自身の仕事量に関わらず、毎月安定した給与が見込めます。会社側で研修や教育体制、福利厚生を整えていることもあります。また、会社で上司・同僚と顔を合わせるため、情報を共有しやすく、連絡の齟齬や誤解が発生しにくいと言えます。
職場の雰囲気や労働環境がよければ、一体感を得ながら働けるでしょう。

会社勤務のデメリット

会社勤務は始業前に出社しなければならないため、通勤に時間を取られてしまいます。往復1時間の距離でも、30日分出社したとすれば合計30時間が通勤時間となります。通勤時間・移動距離の関係上、就職先を通勤可能な範囲でしか探せない点もデメリットです。
また、同僚との付き合いや上司からの叱責、飲み会の誘いなど、人間関係に悩まされることもあります。職場の人間関係が原因で転職を考える方も少なくありません。

女性が高収入の仕事で働きたい場合、会社勤務だけが選択肢ではありません。高収入を得られる在宅ワークには、チャットレディもあります。
自分のライフスタイルに合わせた働き方を選びましょう。

まとめ

在宅ワークは、自宅で好きな時間に働ける、魅力的な働き方です。会社に出勤する必要がなく、人間関係の煩わしさもありません。その一方で、会社勤務のような研修・教育制度は整っておらず、報酬が低い仕事も多いことが在宅ワークのデメリットです。

在宅ワークで高収入を得たい方には、在宅チャットレディがおすすめです。在宅チャットレディは時給相場が高く、仕事内容は難しくないため、初心者でも働くことができます。「家にいながら高収入を得たい」「簡単に稼ぎたい」という場合は、ぜひチャットレディを選択肢に入れましょう。

コメント

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読