PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
214 view チャットレディ 在宅ワーク
公開日:2020/05/21|最終更新日:2020/05/21

働きたくないけどお金は欲しい人には在宅ワークがおすすめ!

働きたくないけどお金は欲しい人には在宅ワークがおすすめ!

毎日働く人の中には、「もう辞めたい」「働きたくない」と考えている人も少なくありません。実際に、日本で働いている人の8割以上が、人生の中で「働きたくないと思った瞬間がある」とされています。

今回は、働きたくないと思う人に多い理由を解説した上で、働きたくない人でもお金を稼ぐことができる方法として、在宅ワークがおすすめの理由も解説します。「働きたくないけどお金は欲しい!」という人は、ぜひ参考にしてください。

1.働きたくないと思う理由は?

ほとんどの人は、日々働かなければお金を手にできません。
そしてお金がなければ、生きていくことも不可能です。
それでも、「働きたくない」と考えてしまう人の数は少なくはありません。

働きたくない理由は、人それぞれで異なります。まずは、働きたくないと思う人の理由にはどういったものがあるのか、よくある理由を3つ解説します。

1-1.人間関係がうまくいかないため

働きたくないと感じる理由として、最も多く挙げられるのは、「人間関係がうまくいかないため」です。

社会で働いていく上では、さまざまな性格や考え方の人とのコミュニケーションが欠かせません。仕事を円滑に進めるためには、上司・同僚・部下といった会社内の人間だけでなく、お客さんや下請け会社といった取引先などとの、良好な関係を築き上げることが必要です。

一度人間関係の構築に失敗してしまい職場の雰囲気に影響がでてしまうと、職場に行くことが嫌になってしまい、そのまま退職してしまう場合もあるでしょう。
また、人間関係が元で起こるトラブルは、どの職場や業種であっても回避しきれないことから、働くこと自体が嫌になってしまうこともあります

1-2.就職活動に失敗したため

働きたくないと思う理由が「就職活動に失敗したため」という人も少なくありません。

始めは働く意思があったけれど、希望した会社から内定をもらえなかった人などは、次に向かう気持ちをなくしてしまう傾向が見られます

思い描いた通りの就職先を得られなかったことや、やりたい仕事に就けた周りの人たちを見ているうちに、劣等感にさいなまれて働くことを忌避してしまう人もいるでしょう。

1-3.親が過保護であるため

働きたくないと思う理由が「親が過保護であるため」という場合は、本人や家族に自覚がないこともあります

家賃・食費・光熱費・遊興費など、本来は働かなければ捻出できないものが何もしなくとも手に入る状況では、新しいことに挑戦する意欲が生まれにくくなってしまいます。

多少の危機感を抱いていても、現状が満たされていれば、次の行動にはなかなか移しにくいものです。結果として怠けることに慣れてしまい、自立どころか働きたいとさえ思えなくなってしまいます

2.働かずにお金を稼ぐ方法はある?

働かなくともお金を稼ぐためには、主に「不用品を売る」や「株やFXなどの投資をする」といった2つの方法があります。ただし、どちらの方法もあまりおすすめできる方法ではありません。おすすめしない理由は、以下の通りです。

●「不用品を売る」ことをおすすめしない理由

現在手元にある不用品をフリマアプリなどに出品し、商品として販売することで、手っ取り早く現金を手に入れることが可能です。
しかし、定期的な収入がない状態で売ってばかりいれば、日用品や住まいに手を付ける以外の方法がなくなってしまいます。永遠に売り続けられるだけの不用品に溢れていない限りは、別の方法でお金を手に入れた方が良いでしょう。

●「株やFXなどの投資をする」ことをおすすめしない理由

株やFXに代表される投資は、失敗したときの危険性が非常に高い行為と言えます。
専門的な知識やそれなりの経験を持っている投資家でも、失敗する可能性は十分にあるため、日頃から幅広い情報収集と勉強が要求される部門です。
素人が手を出すと資金を増やすどころか、何十万、何百万単位の負債を抱えかねません。ギャンブル性が強いため、気軽に手を出すことは控えましょう。

3.在宅ワークであれば会社に行かなくても稼げる!

働くことをせずにお金を稼ぐことはおすすめしませんが、会社自体が嫌であれば、会社に行かずに稼ぐ方法を選びましょう。
会社に行かなくとも稼ぐ方法としておすすめする働き方が、在宅ワークです。
ここからは、在宅ワークがおすすめの理由と、おすすめする在宅ワークをいくつか紹介します。

3-1.在宅ワークがおすすめの理由

在宅ワークをおすすめする理由には、下記の4つが挙げられます。

●働く時間と場所を自分で決められる

多くの会社では、就業の時間や場所が会社から指定されていることが珍しくありません。在宅ワークでは受注した仕事を完遂さえできれば、自分の好きな場所や時間で働くことが可能です。

●直接顔を合わせることなく仕事を進められる

ほとんどの在宅ワークでは、依頼主とのやり取りは主にメールやチャット、電話のみで完結します。面接や打ち合わせを必要とされる案件さえ避けてしまえば、誰とも会う必要がありません。

●どの仕事を受注するかは自分で判断できる

会社で仕事をする場合は、上司などから一方的に仕事を割り振られます。しかし、在宅ワークでは受注する案件を好きに選ぶことができます。興味のない仕事ややりたくない仕事を受けなくとも、お金を稼ぐことができるでしょう。

●受注する仕事を増やせば収入も増やせる

会社勤めの場合では、月収がある程度決められており、自分の裁量で左右できるものではありません。しかし、在宅ワークであれば受注を増やせば増やすほど、得られる収入も増加します。仕事内容によっては、平均的な一般月収を上回ることも期待できるでしょう。

3-2.在宅ワークの種類

在宅ワークには数多くの種類がありますが、ここでは代表的で人気も高い4種類をそれぞれ紹介します。

●データ入力

パソコンを使用して、依頼者から指定されたデータ類を、Excelなどに打ち込む作業がメインです。
難しい作業を要求される場合は少ないため、初心者でも始めやすい仕事ではありますが、単価自体も安い傾向にあります。
空き時間を利用して少しずつ作業を進めていきたい人や、単純作業が得意な人に人気がある仕事です。

●ライティング

依頼者から提示されたテーマを元にして、ブログ記事やコラム、広告などといった主にネット上に掲載されるさまざまな文章を作成します。
文字単価や文字数は案件によって差があり、経験や実績を積み上げて信用を得ることで、より好条件の仕事が受注できるでしょう。
専門的な資格や知識、特殊な経験がある人などは需要も高いため、初心者であっても高い報酬が望めます。

●ウェブサイト制作

企業やお店などから依頼を受けて、イメージ通りのウェブサイトを制作する仕事です。
仕事内容によっては直接依頼人と会う必要があり、当然ウェブサイト制作のスキルも必須です。
しかし、1つの案件で10万~20万円程度の高い報酬が発生し、ウェブサイトの管理や運営まで請け負うと長期間の安定した収入が得られます。

4.楽に稼ぎたい人はチャットレディがおすすめ!

会社などで働きたくないと思う人には、在宅ワークへの挑戦がおすすめです。
しかし、初心者の内は単価の低い案件しか受注できなかったり、仕事によっては高い専門性を要求されたりするため、ここでも働きたくないと思ってしまう人もいるでしょう。

より楽に高収入を得たいと思っている人におすすめする仕事が、「チャットレディ」です。チャットレディはスマホやパソコン越しにお客さんと会話を楽しむ仕事であり、好きな時間で働けて相手を選ぶこともできます。

煩わしい人間関係やシフト管理、ノルマなども一切ありません。サイトや事務所に登録すれば手軽に始められるため、チャットレディの稼ぎ方に興味のある人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

人が働きたくないと思う理由の多くは、人間関係がうまくいかなかったり就職に失敗したりと、過去の失敗体験が傷になっていることが多い傾向にあります。
働かずに済む状況に慣れてしまっている人もいますが、それでもお金は欲しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

全く働かずにお金を得ることはおすすめしません。しかし、働く意思があるにも関わらず、会社に行くことが働く壁となっている人は、在宅ワークに挑戦してみると良いでしょう。

また、人と会話すること自体は好きだという人は、直接人と合わなくても高収入が期待できる「チャットレディ」の仕事も候補に入れてみることをおすすめします。

コメント