PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
266 view チャットレディ 在宅ワーク
公開日:2020/05/21|最終更新日:2020/05/21

専業主婦の人が働きたくない理由と働きたいと思ったときの仕事候補

専業主婦の人が働きたくない理由と働きたいと思ったときの仕事候補

不景気といわれる現代では、旦那さんの収入だけで生活することが難しく、社会に出て働く女性も多くいます。自分で得た収入で旅行や貯金ができるため、働くことにやりがいを見出す女性も多い傾向です。

一方で、女性の中には「お金は欲しいがもう働きたくない」と、社会に出ることを拒む専業主婦の人もいます。

この記事では、なぜ働くことを拒む専業主婦の人がいるのか、その具体的な理由を紹介します。また専業主婦の人でも挑戦しやすい在宅ワークも紹介するため、働きたいけど外で働けない専業主婦の人も、ぜひ読み進めてください。

1.専業主婦が働きたくない理由とは?

「女性は働かず家庭を守るもの」といわれていた昔と異なり、現代は主婦でもパートなどで収入を得る時代です。女性の社会進出が著しい現代においては、一切収入を得ることなく、ずっと家にいる専業主婦の人の方が少ないといっても過言ではありません。

しかし、中には「働かなくては」と思いながらも、仕事をしようと前向きになれない専業主婦の人もいます。なぜ働きたくないと思う人もいるのか、具体的に5つの理由を解説します。

1-1.「経済的に困っている」などといった働く理由がない

「夫の収入のみでは家計が苦しい」「生活に余裕がない」などといった経済的な悩みを抱えている場合であれば、専業主婦の人も働くべき目的ができます。

しかし、夫が高収入を得ていて経済面で困っていない家庭の場合は、専業主婦の人が仕事をする必要はありません。目的もなく働くことは余計なストレスとなる可能性があるため、働く理由を見出せない専業主婦の人は、働くこと自体を拒む傾向にあります。

1-2.子育てに専念したい

小さな子どもは、世話をしてくれる親がいなくては生活できません。そのため、仕事をせずに、子育てを優先させたいと考える専業主婦の人が多くなっています。

女性が「働きたい」と前向きになれば、たとえ何歳であろうと、仕事に就いて働くことは可能です。しかし、小さな子どもを育てられる期間は、人生の中でほんの少しです。

そのため、「子どもが幼い頃に十分な愛情を注ぎたい」といった理由で、家にいることを希望する専業主婦の人が多く見られます。

1-3.子育てに理解のある職場が見つからないから

子育てをしながら働くことは難しいとよくいわれます。子育てに理解のある職場でなければ、女性に大きなストレスがたまる一方です。子育てをしながら働く際に生じるストレスには、以下のような事例があります。

  • 子どもが頻繁に風邪をひくと早退・欠勤が増えるため、職場に対して申し訳なくなり、ストレスがたまる
  • 参観日や運動会など、子どもの行事に合わせて職場に休み希望を出すと、周りの目が気になる
  • 保育園や幼稚園のお迎えに合わせて退勤しなくてはならないため、残業に協力できない

現代では子育てをしながら働く女性も多いため、子育て中の女性が働きやすいように、労働環境を整えている企業もあります。
しかし、子育てに理解を示してくれる企業ばかりではありません。中には、子どものことを理由に満足に働けない女性に対して厳しい目を向ける職場もあります。

このように、職場での居心地の悪さを理由にして働かない専業主婦の人も多くいます。

1-4.旦那さんが外に出て働くことに協力的ではない

家事・育児・仕事の3つをすべて両立させることは決して簡単ではないため、旦那さんの協力が必要です。
しかし、旦那さんの協力が見込めないとなると、すべての負担を女性1人が抱えることとなるため、労働意欲が減退します。もし外で働きたい場合は、旦那さんの説得が必要不可欠です。

旦那さんの中には、「奥さんが働く=自分が家事育児を手伝わなくてはならない」とネガティブに捉える人もいます。

このようなネガティブさを抱かせないような説得方法を考えることも、女性にとっては大きなストレスです。スムーズな説得が難しそうと予想される場合は、説得する前から働くことを諦める場合があります。

1-5.仕事に出た際の人間関係や休暇手続きが面倒

外で働くとなると、職場の良好な人間関係を維持したり、会社のルールに従って休暇手続きを行ったりなど、仕事以外に気にしなくてはならない点が多々あります。このような面倒事を避けたいといった理由から、働かない専業主婦の人もいます。

平成30年に厚生労働省が調査した労働安全衛生調査(実態調査)によると、対人関係が原因でストレスを感じている男女の割合は、以下の通りです。

・対人関係が原因でストレスを感じている男女の割合

約33%の女性が、セクハラやパワハラなどを含めた、対人関係にストレスを感じると答えています。人間関係などの面倒事が、女性に対して強いストレスを与えることは一目瞭然です。

仕事の強いストレスは、夫婦仲を悪化させたり子どもに八つ当たりをしたりなど、家庭に悪影響を及ぼすリスクがあります。そのため、家庭を守るためにも、外で働かない専業主婦の人は多くいます。

2.働きたいが外に出る時間がない場合には在宅の仕事を探そう

「働かない」と一口にいっても、労働意欲のない専業主婦の人ばかりではありません。
家事・育児などの都合で働くことは難しいものの、可能であれば働きたいと考える専業主婦の人も多くいます。しかし、ライフスタイルに合った仕事を見つけられず、働くことを諦めるケースがほとんどです。

ここでは、在宅で働くことができる人気の仕事を4つ紹介します。会社に出勤する必要がなく、自宅で稼げるため、外に出る時間がないと悩む人は、ぜひ参考にしてください。

2-1.データ入力

報酬
  • 1文字0.1~0.5円程度が多い
  • 文字単価でない場合は1件5円などもある
メリット
  • ひたすら入力する単純作業であるため、初心者が挑戦しやすい
  • 隙間時間でも仕事ができる

データ入力は、アンケートや名刺などの情報を入力する仕事です。正確さとスピードが求められますが、ルールが比較的単純な場合が多いため、初心者でも挑戦しやすくなっています。

単価は0.1~0.5円程度と安いものの、単純作業なため、難しい仕事が苦手な人に最適です。

2-2.Webライター

報酬
  • 1文字0.5~5円程度が多い
  • 記事単価の場合は1記事5,000~10,000円程度が多い
メリット
  • リサーチしながら執筆するため、知識が増える
  • 効率よく執筆すれば高収入を狙える

Webライターは、Web上に公開される記事を執筆する仕事です。料理やアウトドアなどの趣味ジャンルから、医療系などの専門ジャンルまで、執筆ジャンルは多岐にわたります。

簡単な仕事は文字単価が安くなりますが、専門知識が必要な仕事だと文字単価が高くなるため、高収入を狙うことも可能です。

2-3.デザイナー

報酬
  • 1件500円程度からの案件が多い
メリット
  • 大型案件であれば1件10万円以上の仕事もある

デザイナーは、企業ロゴやサイト、紙媒体などのデザインを行う仕事です。

デザインの仕事は、クライアントの要望に合わせてデザインを提案しなくてはなりません。そのため、自分のデザイン力だけではなく、クライアントの希望を聞き出すコミュニケーション力も必要です。

報酬はピンキリで、1件数百円の案件もあれば、1件10万円以上の案件もあります。スキルや経験値を積めば、高単価の仕事を受注することも可能です。

2-4.チャットレディ

報酬
  • 1分60円程度からのサイトが多い
  • サイトやジャンルによっては分給100円以上もある
メリット
  • 高収入を狙いやすい
  • スキルがなくても仕事ができる
  • お客様と会う必要がないため、安全に働ける

チャットレディは、男性会員とチャットや通話でコミュニケーションを取り、報酬を得る仕事です。一般的なキャバクラのように一緒にお酒を飲む必要がなく、また直接会わないため、お触りの心配もありません。

分給は60円程度からのサイトが多く、時給換算すると3,600円程度となります。さらに、高単価なアダルトジャンルに挑戦したり、男性会員からチップをもらったりなどすれば、時給10,000円以上を稼ぐことも可能です。

報酬単価が高いことから高収入を狙いやすいため、在宅で稼ぎたい専業主婦の人におすすめです。

まとめ

専業主婦の人が働きたくない理由は、育児の都合や、旦那さんからの協力を得られないなど、人によってさまざまです。決して「家でごろごろしたいから」といった怠惰な理由だけではありません。働ける環境の少なさが大きく影響しています。

しかし昔と比べて、現代は在宅ワークが豊富です。特にチャットレディは、自分の都合のよいときに在宅で働くことができ、高収入も見込めるため、外で働けない人におすすめです。

外で働けない人はチャットレディなどの在宅ワークを活用して、自宅でお金を稼ぎましょう。

コメント