PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
49 view チャットレディ メリット・デメリット 在宅ワーク
公開日:2020/05/21|最終更新日:2020/05/21

ネットで稼ぎたい女性におすすめの仕事6選!

ネットで稼ぎたい女性におすすめの仕事6選!

子育て中の主婦や会社員の副業として、在宅ワークをしたいと考える女性が増えています。家に居ながら収入を得る手段は、ネットを使う方法が主流です。

しかし、ネットで稼ぐためにはどうすればよいのか、あまり知らない人も多くいるでしょう。また自分に向いている仕事がわからない場合もあります。

この記事では、ネットで稼ぐメリット・デメリットと、ネットを使って稼ぐおすすめの仕事6つを解説します。特におすすめの仕事も紹介するため、ぜひ読み進めてください。

1.ネットで稼ぐメリット・デメリット|必要な条件も

どのような仕事でもメリットがあればデメリットもあります。ネットを使って稼ぐ仕事も同じです。ネットで稼ぐメリットとデメリットの代表例は、以下の通りとなっています。

〇メリット

  • 学歴や年齢などは問わない
  • 必要な物はパソコンなどの端末・インターネット環境のみで、初期費用・初期投資があまりかからない
  • 時間や場所を問わず働くことができる
  • プライベートの時間を確保しやすい

〇デメリット

  • 成果が出るまでは無給のこともある
  • 自宅で過ごすことが増えて孤独を感じやすい
  • プライベートと仕事の線引きが難しい

また、ネットで稼ぐためには、最低限必要な条件もあります。ネットで稼ぐために必要な条件については、次項で解説します。

1-1.必要な条件とは?

ここでは、ネットで稼ぐために必要な条件について解説します。ネットで稼ぐためには、以下の2点が、最低限必要な条件となります。

①インターネット環境が整っている
ネットで稼ぐために最低限必要なインターネット環境は、以下の通りです。

  • インターネットに接続するための端末(パソコン・タブレット・スマホ)
  • 高速インターネット接続

②仕事に取り組む時間を確保できる
ネットの仕事は学歴やスキルを問わず自宅で気軽に始められ、好きな時間に働けることがメリットです。しかしその反面、軌道に乗るまでは集中して仕事に取り組む時間が必要となります。

すでに定職に就いている人や子育てで忙しい人が副業を始める場合、夜間や週末などにまとまった時間が取れるか考えてみましょう。

2.家に居ながら稼げる仕事6選

家に居ながらできる仕事には多くの種類がありますが、内職などのように、収入が低いことが従来の常識でした。しかし最近では、ネットを使って仕事をすると、在宅でも高収入を得ることが可能です。

ネットを使う仕事の中には、アプリやブログ・SNSを使ったり、画像や動画を配信したりなど、さまざまな種類があります。数多くのネットを使った仕事の中で、特に稼げる仕事を6つ紹介します。

2-1.ポイントサイト

ネットで稼ぐ方法のひとつが、別名「お小遣いサイト」とも呼ばれる「ポイントサイト」を利用する方法です。ゲームをしたりアンケートに答えたりするだけでポイントがもらえるため、隙間時間を使って気軽に始めることができます。

モバイルサイトやアプリも多いため、パソコンがなくてもスマホで気軽に働くことが可能です。たまったポイントは現金やギフト券などと換金できます。

運営会社の母体は東証一部上場の大手企業などが多く、安全性が高い傾向にあります。

2-2.シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーは、「資源を共有して利用する社会的な仕組み」のことで、日本語では「共有経済」と訳されます。自分の持つ資産を人に貸すことで、収益を得ることができます。

例えば専用のアプリに登録することで、余っている部屋やアパート・一軒家を、いわゆる「民泊」として貸し出すことが可能です。人を泊めるだけでなく、備品や商品などを置く倉庫として部屋を貸し出すサービスもあります。

他にも家事代行や自転車の配車などもシェアリングエコノミーに含まれており、自分の得意なジャンルで登録することが可能です。

2-3.動画配信

今や憧れの職業にもなっている仕事が動画配信です。動画配信にもさまざまな種類や配信方法があります。

動画配信のプラットホームを利用して、オリジナルチャンネルを作り、動画を配信することが一般的な流れです。動画の再生回数に応じて広告料が入ります。トップクラスの動画チャンネルともなれば、億万長者となることも夢ではありません。

しかし、稼げる仕事であるためライバルは多くなっています。また人気の動画を制作するためには撮影機材や多くのスキルが必要です。具体的には企画力やシナリオを書くライティング能力・動画編集能力などとなります。

ライブ配信であれば少しコンテンツ配信の難易度が下がります。歌や楽器の演奏など、自分の得意な内容を生放送で配信するサービスです。ファンが付けば年収数百万円以上稼ぐことも可能であるため、得意なことがある人は試してみてください。

2-4.物販

ネットを使って物を売る取引はすべて物販ビジネスです。その中にもさまざまな種類があるため、代表的な物販について紹介します。

◎せどり
せどりとは転売ビジネスのことを指します。せどりのビジネスモデルはとてもシンプルで、安く仕入れて高く売るだけです。中古品やネットショップのセールなどで安く仕入れた商品を、仕入れた価格より高く売ることで利益を得ます。

◎オークション・不要品転売
不要品をオークションや販売アプリを利用して販売します。元手がかからず部屋も片付くことが魅力です。どのような物が高く売れるか理解したら、やや難易度の高いせどりに移行することも考えてみましょう。

2-5.在宅ワーク

ネットを使って稼ぐ方法の中には、パソコンを使用した在宅ワークも含まれます。多くの在宅ワークの中から、特に稼げる仕事を2つ紹介します。

◎データ入力
パソコンを使用して、文章や数値などのデータを正確に入力する仕事です。ワープロ検定などの資格を持っていることが望ましい状態ですが、特に資格は必要ありません。単調な仕事が苦にならない人やタイピングが得意な人に最適な仕事です。

◎自分のスキルや時間を販売
クラウドソーシングなどに自分のスキルを登録して作業をしたり、作品を納品したりすることで対価を得る仕事です。イラストやデザインなどのスキルや、カウンセリングの資格があるなど、得意なスキルがあれば高収入も見込めます。

2-6.ハンドメイド雑貨販売

スマホアプリには、ハンドメイド商品を販売できる無料アプリがいくつかあります。自分で制作した作品の写真を掲載して、気軽に販売することが可能です。主婦からプロのクリエイターまで、多くの作家が登録しています。

アプリによって特色があり、アマチュア色が強いアプリとプロのユーザーが多く登録するアプリとで、住み分けができています。

アマチュア向けのアプリは価格帯が低めで、主婦目線の手軽な小物を販売しており、幼稚園のバザーに出すような、趣味の延長感覚で利用できます。
一方プロ向けのアプリは、作品のセンスやクオリティが高く、その分価格は高めです。自分の作品に自信がある場合は、プロ向けのアプリに挑戦すれば、大きな収入源となることも期待できます。

3.ネットで稼ぎたい女性にはチャットレディがおすすめ!

ネットで稼ぐための方法はさまざまですが、どの仕事もスキルや得意なことが必要となります。そのため、自分にとってネットで稼ぐことは難しいと感じる人もいるでしょう。そのような人におすすめの仕事がチャットレディです。

チャットレディは、パソコンやスマホがあれば自宅で気軽に始められる上、特別なスキルは必要ありません。学歴や年齢も不問で、パソコンやスマホの画面越しに男性と話すだけで高収入が得られます。

お酒を飲んだり触られたりすることもなく、男性と会う必要もないため初心者の人でも安心して働けることも魅力です。また長時間働く必要もなく、勤務時間も決まっていないため、好きな時間に好きなだけ働くことができます。

特にスキルは持っていないけれど在宅で働きたい人は、ぜひチャットレディを検討してみてください。

まとめ

ネットで稼ぐ仕事には、メリットとデメリットがあります。
時間や場所にとらわれず仕事ができる反面、成果が出るまで時間を要するため、ある程度集中して取り組まなければなりません。
また、必要最低限の設備やビジネススキルも必要です。

家に居ながらネットで稼ぐ仕事の代表例には、ポイントサイトやシェアリングエコノミー・動画配信・ハンドメイド雑貨や不要品の販売などがあります。

もし特別なスキルがないと感じる場合は、チャットレディの仕事をおすすめします。
チャットレディの仕事は、特別なスキルが必要なく、勤務時間も自分で決められるなど自由度が高いため、興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

コメント