PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
90 view エステ メリット・デメリット リフレ
公開日:2019/10/30|最終更新日:2019/10/30

メンズエステマッサージとは|仕事内容とメリット・デメリットを紹介

メンズエステマッサージとは|仕事内容とメリット・デメリットを紹介

最近ではメンズエステマッサージ店が増えつつあり、エステやマッサージ店で働きたいと考える方も増えています。しかし、具体的にメンズエステマッサージについて知らないという方は少なくありません。

そこで今回は、メンズエステマッサージについて詳しい仕事内容やメリット・デメリットを解説します。メンズエステマッサージで働くことに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

1.メンズエステマッサージとは?

最初に、メンズエステマッサージという言葉の定義について説明します。メンズエステマッサージとは、その名の通りメンズエステとマッサージを組み合わせた言葉で、意味もその二つを合わせたものとなっています。

メンズエステの定義は大きく二つに分けることができ、一つは男性を対象とした美容系の施術を行う、いわゆる男性用の一般エステです。そしてもう一つが、女性セラピストが男性に対しリラクゼーションを目的とした施術を行うサービスとなっています。

メンズエステマッサージの場合は、後者のメンズエステの定義が当てはまります。つまり、メンズエステマッサージとは、リラクゼーションを目的として女性が男性に対してマッサージを行うサービス内容のことです。メンズエステマッサージはあくまでマッサージのため、風俗エステ店とは違い性的なサービスは業務内容に含まれていません。

メンズエステマッサージには大きく分けて三つのタイプがあります。その三つとは、店舗で働くタイプ、店舗が所有するマンションのワンルームで働くタイプ、そしてお客さんの自宅やホテルへ出張してマッサージを行うタイプです。

三つのタイプはそれぞれに特徴や利点、デメリットがあります。そのため、メンズエステマッサージで働く際には、あらかじめそのマッサージがどのタイプなのか調べておくことをおすすめします。

1-1.風俗エステとの違い

メンズエステマッサージと混同されがちなサービスに、風俗エステがあります。

風俗エステとメンズエステマッサージの最大の違いは、業務内容に性的サービスが含まれるかどうかです。メンズエステマッサージの場合、前述したように性的サービスを行うことはありませんが、風俗業界のエステではむしろ性的サービスが主体となっています。

より具体的にいうと、男性器に触れるかどうかがメンズエステマッサージと風俗エステの違いです。また、メンズエステマッサージではマッサージを行う側の女性が脱衣することはありませんが、風俗エステでは女性が脱衣する場合もあります。

業務内容以外の点では、店舗の届け出が必要かどうかもメンズエステマッサージと風俗エステの違いとなります。風俗エステを含む性的サービスを提供する種類の店舗が営業を行うためには、性風俗特殊営業に関する届け出の提出が必要です。
つまり、この届け出を行っていないエステはメンズエステマッサージであり、仕事内容に性的サービスは含まれていないということです。

1-2.報酬システム・相場

メンズエステマッサージで働く場合、報酬のシステムや相場はどのようになっているのでしょうか。

まず、メンズエステマッサージの報酬システムについてですが、システムは大きく分けて二つのパターンがあります。一つは完全歩合制のパターン、そしてもう一つは時給+歩合制のパターンです。

〇完全歩合制
完全歩合制は自身が行ったマッサージの利用料金に応じて、そのうち一定の割合を受け取るシステムです。相場としてはマッサージ料のおおよそ40%~50%が収入となるケースが多く、金額でいうと一回のマッサージごとに6,000~10,000円となります。

〇時給+歩合制
一方、時給+歩合制では、マッサージ一回ごとの歩合に加え、規定の勤務時間に応じた時給が発生します。時給の金額に関しては、一時間に1,300~1,500円ほどが相場です。ただし、時給+歩合制のシステムを採用しているメンズエステマッサージでは、歩合の割合は完全歩合制よりも少なく、約25%前後となっています。そのため、二つを比較した場合では完全歩合制のほうがより多くの給料をもらえることとなります。

例えば、6時間の勤務で4人のお客さんにマッサージをした場合、マッサージ料を15,000円とすると、完全歩合制では24,000円~30,000円ほどが収入の相場となります。一方、時給+歩合制の場合は約23,400円が収入の相場となります。

2.メンズエステマッサージの仕事内容

ここまでメンズエステマッサージの定義と収入についてお伝えしましたが、メンズエステマッサージとして働く場合には、仕事内容を理解する必要があります。

メンズエステマッサージにおける仕事の流れとしては、お客さんの身体を洗うことから始める場合が基本となります。店舗タイプやマンションタイプのお店ではその前に受付を行いますが、受付に関しては専門のスタッフが担当するため、マッサージとは別の仕事であることがほとんどです。

お客さんの身体を洗った後は、マッサージに入ります。このマッサージの部分が、メンズエステマッサージの主な業務内容です。マッサージ後には使用したオイルを流すために再びお客さんの身体を洗い流し、一連のコースの流れは終了となります。

ここまで簡単な流れについて説明しましたが、ここまでの説明だけでは具体的なマッサージのやり方がわからない方もいるでしょう。ここからは、より細かいマッサージの施術内容や技術について詳しく説明します。

2-1.洗体

メンズエステマッサージでは、マッサージに入る前にお客さんの身体を綺麗にすることが最初のステップです。この際、店舗ごとにお客さん自身が身体を洗う場合とキャストがお客さんの身体を洗う場合があり、後者のことを業界用語で「洗体」といいます。

洗体を行う際、お客さんの恰好はバスローブか紙パンツのものを着用することが一般的であり、キャストの服装は店舗によって異なるため確認が必要です。洗体の際は泡やシャワーを利用してお客さんの身体を洗いますが、性器に関してはお客さん自身で洗ってもらいます。

2-2.指圧

メンズエステマッサージでの施術において、指圧は一般的な施術の一つです。指圧はマッサージの中でも最初に行うことが多い施術となります。

指圧の流れは、首や肩など身体の上半身から足の先までを徐々に指で圧を掛けていくことが多いです。お客さんの特に凝っている部分を重点的にマッサージするとより効果的となります。そのため、お客さん自身に凝っている場所を聞きながら施術を行うと良いでしょう。

指圧は基本的な施術ながら、非常に力が必要な行為でもあります。指や手だけで圧を掛けていくとすぐに疲れてしまうため、体重を使って身体全体で押すように指圧することで負荷を分散する方法がおすすめです。

2-3.ストレッチ

指圧を終えた後はストレッチをしてお客さんの身体をほぐす流れが多いですが、ストレッチはお客さん自身がストレッチを行い、キャストの役割はその補助となります。

メンズエステマッサージのストレッチは、ストレッチと言っても運動前の本格的なものとは異なり、軽いメニューとなっていることがほとんどです。キャストはその補助としてお客さんの身体を軽くほぐしながら、肌を触れ合わせることでお客さんに満足感を与えることが役割となります。

2-4.アロマ・オイルマッサージ

メンズエステマッサージのメインは、アロマやオイルを使ったマッサージです。アロマ・オイルマッサージを行う際には、まずアロマやオイルをお客さんの身体にたっぷりと塗って身体をヌルヌルにします。

アロマ・オイルを塗った後は、指圧と同じように指や手の平でお客さんの身体にマッサージを加えていきます。この際、指圧との違いは指で押すのではなく身体の上を滑らせるように手を動かすことです。背中からお尻、足先まで全身にまんべんなくオイルを行き渡らせるように、手でお客さんの身体に触れてください。

2-5.リンパマッサージ

アロマ・オイルマッサージの一貫として、お客さんの身体の中でも特にリンパが集中しているリンパ節にマッサージを加えるリンパマッサージがあります。多くのお客さんは、このリンパマッサージを好みメンズエステマッサージを訪れます。リンパ節は身体のさまざまな部分にありますが、メンズエステマッサージでは特にその内の鼠径部をマッサージすることが多いです。

鼠径部のリンパマッサージを行う際には、上から下に向かって指で圧を掛けながらリンパを流します。

お客さんの中には鼠径部に触れられることで満足感を覚える方もいます。そのため、本格的にリンパを流すための触れ方だけでなく、撫でるように触っていく指使いを織り交ぜることで満足感を与えることが可能です。

3.メンズエステマッサージで働くメリット・デメリット

どのような仕事にも共通することですが、メンズエステマッサージで働く場合にもメリットとデメリットがあります。
ここからはメリット・デメリットについていくつか例をあげて紹介します。

まず、メンズエステマッサージで働くメリットとしては、以下のような点があります。

メンズエステマッサージで働くメリット

メンズエステマッサージは風俗店とは違い、性的サービスを行う許可を得ていないため、法律上からも性的サービスを行うことは許されていません。そのため、仮にお客さんから性的サービスを求められた場合でも、お店側も全面的に拒否するために動くことが必要となります。

また、性的サービスがないにもかかわらず、メンズエステマッサージの単価は一般的なエステやマッサージ店よりも非常に高く設定されています。働くキャストも高い収入を得られるため、風俗サービスをせずにお金がほしい方には嬉しい職場です。

メンズエステマッサージにおける店舗の多くは、自由出勤制であるという点も大きなメリットです。店側で用意されたシフトではなく自身の都合に合わせた日付、時間帯で働けるため、自分の働きたい時だけ働くことができます。また、学生や他に本業のある方でも働きやすい仕事です。

メンズエステマッサージはマンションの個室でマッサージを行います。このマンション型の場合、キャストは最初からマンションの一室に向かい、そこでお客さんを待つ仕組みとなります。この際、他にスタッフや同僚はおらず一人で待機することになるため、お客さん以外と顔を合わせることは一切ありません。そのため、人間関係を気にせずに働けるという点もメリットと言えます。

次に、メンズエステマッサージで働くデメリットとしては、以下のような点があります。

メンズエステマッサージで働くデメリット

  • ・お客さんから性的サービスを求められる可能性がある
  • ・悪質な店舗も存在する

メンズエステマッサージでの性的サービスは禁止されていますが、中には女の子に性的サービスを求めてくるお客さんも存在します。大抵の場合は女の子側から断ることで引き下がりますが、強引な態度を取るお客さんもいるため、この点はデメリットです。

また、メンズエステマッサージの店舗には、キャストに性的サービスを行うよう指示するお店もあります。もしそのような店舗に入ってしまった場合は、働き続けることで自身も逮捕される可能性があるため、すぐに辞めることをおすすめします。

4.優良なメンズエステマッサージで働くためには?

メンズエステマッサージの中には、違法な性的サービスを行っている悪質な店舗もあります。そのような店舗を避け優良なお店で働くためには、仕事内容・研修制度・給料システムの3点に注目することが重要です。

まず1点目の仕事内容について、仕事内容の条件を詳しく調べることがポイントです。求人を見てもわからなかった点は、面接の際に直接担当者から聞き出すようにしましょう。

2点目の研修制度について、研修制度がないお店は悪質な可能性が高くなります。研修制度がしっかりしているかどうかも確認するようにしましょう。

3点目の給料システムについて、大まかな給料システムは求人にしっかり記載されていることが多いですが、交通費など諸経費の支給についても注意する必要があります。経費を差し引かれたことで思っていたような給料が得られなかった、というトラブルも少なくないため、経費についてはあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

自分が働きやすいと思える環境で働くことは大切なことです。しっかりとお店について調べ、後悔のない選択をできるようにしましょう。

まとめ

ここまで、メンズエステマッサージの仕事内容やメリット・デメリットについて解説しました。

メンズエステマッサージは給料が高いうえにメリットも多く、今後ますます人気となることが予測されます。ただし、悪質な店舗が存在することも事実であるため、お店を選ぶ際はあらかじめお店について調べることをおすすめします。

仕事内容やメリット・デメリットをしっかりと理解し、疑問点をなくしたうえで働けるようにしましょう。

コメント