PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
112 view エステ リフレ
公開日:2019/08/21|最終更新日:2019/08/21

リフレとは?お店のジャンルから楽しく稼ぐためのコツまで紹介!

リフレとは?お店のジャンルから楽しく稼ぐためのコツまで紹介!

「リフレ」とは、女性キャストの笑顔とマッサージで、お客さんを癒す仕事です。リフレの仕事は手軽に始められながらも、他のアルバイトに比べて高収入を得やすいことで知られています。

しかし、「どのような仕事内容なのか」が具体的にイメージできず、リフレで働くことにためらっている人も少なくありません。

そこで当記事では、「リフレの仕事内容」と「給料相場」から「リフレで働くメリット&デメリット」「楽しく稼ぐためのポイント」について紹介します。

1.リフレとは?仕事内容から給料相場まで解説

「リフレ」とは、リフレクソロジーの略称で、反射療法と呼ばれるマッサージを行うお店です。例えば、足の裏を揉むことで、身体全体のリラックスに繋がります。リフレで働く女性キャストの基本的な仕事は、お客さんにリラックスしてもらうために、マッサージすることです。
主に、肩もみやフットマッサージなどの簡単なマッサージを行います。また、マッサージ以外にお客さんを笑顔でもてなすことで、日頃のストレスを癒すことも仕事の一つです。

リフレでキャストとして働ける年齢は、各自治体の条例により、18歳以上となっています。ただし、18歳以上でも高校生の場合は、勤務できないお店が大半です。一方、リフレで働ける年齢に上限はありません。18歳~20代前半の女性が中心ですが、20代後半の女性が活躍しているお店もあります。

1-1.時給・給料相場

リフレで働くキャストの給料相場は、時給が3,000~5,000円程度と高額です。1日に4時間だけ勤務したとしても、1万円以上の金額を稼げます。さらに、以下の形でインセンティブ(ボーナス)が給料に加えられることが、一般的です。

  • ・お客さんから得られた指名による「指名料金バック」
  • ・お客さんがオプションを追加した時に得られる「オプションバック」
  • ・お店が設定した勤務日数よりも働いた月に支給される「皆勤手当」

2.リフレの種類|出店形態とコンセプトから働くお店を選ぼう!

一口にリフレといっても、お店によって経営方針は様々です。キャストが「どこの場所で働くのか」だけではなく、「提供するサービス内容」も異なります。

自分の性格に合ったお店で働くために、お店探しの前に「リフレには、どのような種類があるのか」について理解しましょう。

2-1.出店形態によるリフレの種類

お店が「どのような形態で営業しているのか」という点は、キャストにとっては勤務場所・内容が変わる重要なポイントです。リフレの出店形態は、「店舗型」と「派遣型」の2つに分けられます。

①店舗型
店舗型は、実店舗を置いて営業しているお店です。基本的に、キャストはお店の部屋で待機し、接客を行う時はお客さんが待っているブースへと移動します。店舗内にスタッフがいるため、初めてリフレで働く人も安心できる点が魅力です。

②派遣型
派遣型は、実店舗を置かずにサービスを提供する形態のお店です。キャストをお客さんの自宅やホテルなどに派遣し、サービスを提供します。キャストは自宅やカフェ、駅などの任意の場所で待機することが一般的です。お店が専用の部屋を用意している場合もあります。

2-2.コンセプトによるリフレの種類

お客さんに癒やしを与えるために、リフレはマッサージだけでなく、お店ごとに特徴的なコンセプトを設けて、サービスを提供しています。勤務するお店を選ぶ時には、自分がお店のコンセプトを理解し、抵抗なくサービスを提供できるか否かを考えましょう。

ここでは、リフレの代表的なコンセプトについて、以下の4つを紹介します。

①添い寝リフレ
添い寝リフレとは、通常のマッサージに加えて、お客さんの隣で添い寝することが仕事内容となっているコンセプトのお店です。お客さんの横で添い寝することで、不安感やストレスを解消し、癒しを与えます。添い寝している間は、お客さんとトークを楽しむことが仕事です。多くのお店では、30分以上のコースとなっています。

②メイドリフレ
メイドリフレとは、メイドのコスプレをして接客することがコンセプトのお店です。東京・秋葉原を中心としたメイドカフェ文化の影響を受けたお店で、キャストのコスプレ以外に、チェキやお散歩といった独特のオプション・サービスを提供しています。漫画やアニメについての知識を持っている人であれば、お客さんとトークを弾ませて、楽しみながら働ける点が魅力です。

③耳かきリフレ
耳かきリフレとは、お客さんの頭をキャストの膝に乗せて耳かきサービスを行うことがコンセプトのお店です。多くのお店で、店内に畳が敷き、全体的に和を意識したテイストの内装で、キャストの衣装も浴衣となっています。耳かきリフレでは、耳かき以外に通常のリフレと同様に、肩もみやヘッドマッサージなどのサービスを行うことが一般的です。

④足踏みリフレ
足踏みリフレとは、お客さんの身体に足を乗せて、足の裏で丁寧にマッサージすることがコンセプトのお店です。お客さんの背中や太ももなどに体重を掛けて、揉みほぐします。握力の弱い女性でも、体重を掛けられる足を使ってマッサージするため、体力を消耗しません。

3.リフレで働くメリット&デメリット

リフレの仕事は、高収入が得られるだけではなく、勤務時間の自由度が高く、仕事内容が覚えやすいという魅力があります。その一方で、身バレのリスクなどデメリットに不安を感じる人もいるでしょう。

ここでは、リフレで働くメリットだけではなく、デメリットと対処法についても紹介します。

3-1.メリット①好きな時間で働ける

リフレの営業時間は、午前中から夜の10時頃までと幅広い時間帯です。お客さんが来店するピークは平日夕方以降・土日は昼以降ですが、平日昼間でも一定の来店数があり、好きな時間に働けます。

キャバクラのように夜間営業が中心ではなく、ファミレスやカフェと同じような営業時間であるため、大学の講義がない時のアルバイトや副業としても働きやすいです。

3-2.メリット②仕事内容が簡単で覚えることが少ない

リフレでは、お客さんに癒やしを感じてもらうことを主眼としています。そのため、マッサージといっても資格が必要な専門的なものではなく、肩を揉みながらトークするといったシンプルなものです。キャストが、難しい技術を身に付けたり、肉体的・精神的に辛い思いをしたりする必要はありません。働き始めたばかりの人も、大抵すぐに接客をこなせるようになります。

3-3.メリット③簡単な仕事なのに時給が高い

リフレの仕事内容は決して難しいものではありませんが、平均時給は3,000円以上と高額です。居酒屋やファミレスの店員といった一般的なアルバイトと比べて、リフレでは倍以上の収入を狙うことも難しくはありません。
平日に短時間の仕事を行うことで、十分な収入が得られます。休日にシフトを多く入れると、さらに収入を増やすことも可能です。

3-4.デメリット①ビラ配りなどリフレ以外の仕事もある

リフレのお店によっては、キャストが接客以外の仕事を行うところがあります。例えば、ビラ配りや店内掃除などの仕事です。特に、店外でのビラ配りは知人や家族に身バレする可能性があるため、行いたくない人もいるでしょう。

ただし、全てのお店でビラ配りなどの仕事があるわけではありません。人気店やインターネットでの集客に成功しているお店はビラ配りを行う必要がなく、求人情報に「ビラ配りなし」「雑用なし」などと記載されています。お店選びの段階で、ビラ配りや雑務の有無を確認しましょう。

3-5.デメリット②身バレする可能性がある

リフレで働く上で心配する人が多いことが、身バレの問題です。ビラ配りなどのキャストとして外出する機会がないお店でも、どこからかキャストの個人情報が漏れるのではないかと、不安に感じている人も少なくありません。

しかし、通常どのお店でも、個人情報の扱いについては、細心の注意を払っています。
例えば、お店が掲載するキャストの写真には、自分であることが特定できないように、画像に修正が加えられていることが大半です。また、事前にモニターでお客さんを確認できるシステムを導入しているお店があります。

リフレで身バレが起こるケースの多くは、キャスト自身の不注意によるものです。持ち物や友達との会話が身バレのきっかけとなっています。そのため、働いているキャスト自身が、身バレについて注意することが大切です。

4.リフレで楽しく稼ぐための8つのポイント

リフレは、他のアルバイトと比べて高収入が得られる仕事ですが、少し工夫することで、さらなる高収入を得ることが可能です。収入が増えることで、仕事がさらに楽しくなり、モチベーションのアップに繋がります。

リフレで高収入を得るために大切なことは、「指名客を増やすこと」「オプションを獲得すること」です。
ここでは、収入アップに繋げる指名客と獲得オプションの増やし方について、8つのポイントを紹介します。

①写メ日記やSNSを積極的に更新する
写メ日記やSNSは、キャストの情報を発信するための重要なツールです。様々な角度からの写真や日々の話題を載せることで、お客さんはキャストのことをより身近に感じられます。
日記から興味を持ったお客さんが来店したり、接客時の話題として使えたりするため、指名率アップに効果的です。お客さんの客層としてはサラリーマンが多いため、お昼休みとなる12時頃に日記やSNSを更新するとチェックされやすくなります。

②笑顔を絶やさない
リフレはお客さんに癒しを届けるお店であり、キャストは笑顔で接客することが重要な仕事です。癒やしを提供することを念頭に置き、接客中は笑顔を絶やさないようにしましょう。
笑顔を向けられたお客さんは「この子は自分に好意を寄せている」と感じることで、次回以降の指名やオプションの追加に繋がります。特に、お出迎えの時に満面の笑みで接することで、お客さんとの距離を大幅に近づけることが可能です。

③女子力を高める
お客さんからの指名を獲得するためには、女子力を高めることも大切なポイントです。女子力とはメイクの上手さだけではありません。容姿の可愛らしさ以上に、男性からの好感度を高めるためには、清潔感が鍵となります。例えば、爪の手入れやムダ毛の処理、口臭のケアといった細かい点への配慮が重要です。このような見過ごされがちな点こそ、男性は目を向けています。

④お客さんの来店目的を把握する
リフレには「癒やし」を求めるお客さんが来店しますが、「どのように癒やされたいのか」人によって異なります。お客さんの目的に合った接客を行うことが、満足度アップのために大切です。例えば、肩や腰を揉んでほしいお客さんだけではなく、女性とくつろいでトークを楽しみたい人も少なくありません。求める癒やしに合わせた接客を行うことで、お客さんの満足度が上がり、オプション利用や次回以降の指名へと繋がります。

⑤トーク力を磨く
リフレに訪れるお客さんは女性とのおしゃべりを目的の一つとしているため、キャストにはトーク力が求められます。ただし、「トーク力」といっても、面白いことを話したり、難しい言葉を数多く記憶したりする必要はありません。
お客さんとのトークにおいて大切なことは、距離感を縮めることです。そのためには、お客さんの話に相槌を打ち、しっかりとリアクションをとりましょう。相槌とリアクションを使うことで、話を真剣に聞いていることをお客さんにアピールできます。

⑥マッサージ技術を磨く
リフレで行うマッサージは非常に簡単なものですが、マッサージの技術もリピート率に影響を与えます。マッサージの技術を磨くためには、お客さんの反応に合わせて、力を加減しましょう。お客さんの表情を見て、どのぐらいの力加減が最適なのかを探ります。
また、マッサージの時はリズムを整えて行うことも大切です。一定のリズムでマッサージすることにより、お客さんがリラックスしやすくなります。

⑦固定で出勤する日を作る
自分のファンができたとしても、出勤日とお客さんの来店日が合わなければ、指名機会を逃すこととなります。自分を指名したいお客さんのために、固定で出勤する日を設定することがおすすめです。自分のファンに出勤日を教えることで、出勤日と来店日のすれ違いを防げるだけではなく、お客さんは「自分に好意があるのでは」と感じてもらえ、さらに距離を近づけられます。

⑧お店のスタッフとの仲を良好にする
初来店のお客さんは、お店のスタッフによるおすすめに従って、キャストを指名することが一般的です。そのため、初来店のお客さんにおすすめしてもらえるように、スタッフからの印象を良くしておきましょう。日頃の勤務態度だけではなく、待機中の態度もスタッフからの印象を左右します。

まとめ

リフレは、お客さんに肩もみなどの簡単なマッサージを行い、癒やしを感じてもらうためのお店です。多くの女性が気軽に始められる仕事ですが、平均時給は3,000~5,000円と高めの設定となっています。

高収入が期待できるリフレですが、お店によってサービスの内容が異なり、向き不向きがあります。リフレ・キャストとして楽しく稼ぐためには、自分の性格に合ったお店を選ぶことが大切です。お店選びの時は、コンセプトとサービス内容を理解して、自分に最適なところを選びましょう。

コメント