PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
97 view チャットレディ
公開日:2019/12/26|最終更新日:2019/12/26

女子大学生の一人暮らしで必要なバイト代は?生活費の内訳と節約術

女子大学生の一人暮らしで必要なバイト代は?生活費の内訳と節約術

これから大学生になる人や、実家を出て一人暮らしを考えている女性にとって、一人暮らしにかかる収支や、それを支えるアルバイト代は特に気になるトピックでしょう。

金欠に悩む女子大学生は多く、快適に一人暮らしを送るためには、生活費を含めた支出と収入のバランスが重要です。学生生活には生活費のほかに、サークル・飲み会・旅行・留学などさまざまなところにお金がかかるため、計画的に生活する必要があります。

今回は、仕送りなしの女子大学生が一人暮らしをする時の収支と内訳、必要なアルバイト代を解説します。少しでも生活を楽にするために、新生活スタート前に自立して暮らすためのポイントや、高収入が得られるおすすめのアルバイトについてもチェックしてみましょう。

1.仕送りなし大学生の一人暮らしの収支

まずは、仕送り無なしの場合の女子大学生の一人暮らしでは、「どれぐらいの支出があるのか」「いくら稼ぐ必要があるのか」について見ていきましょう。

  • ・一人暮らしを始める初期費用:35~50万円
  • ・毎月の生活費:13~20万円

一人暮らしを始める場合、一般的に上記程度の支出が必要となります。
そのため、アルバイト代は、月に14万円以上は必要だと言えるでしょう。全て1人で準備をして一人暮らしを始める場合は、初期費用と当分の生活費として事前に50万円以上貯金しておく必要もあります。

なぜこれほどまでにお金がかかるのか、内訳を確認しましょう。

1-1.必要な初期費用と内訳

〇初期費用内訳

  • 敷金:家賃の1~2ヶ月分
  • 礼金:家賃の1~2ヶ月分
  • 前家賃:家賃の1ヶ月分
  • 火災保険:1.5万円程度
  • 鍵交換費用:1万円程度
  • 仲介手数料:家賃の0.5~1ヶ月分
  • 引っ越し費用:実家からの距離や荷物の量による

一般的に、初期費用は家賃の5倍程度と言われており、家賃が6万円であれば、初期費用は30万円必要となります。

初期費用で最もお金がかかる支出が、敷金・礼金です。敷金とは、入居者が退去したら後に、部屋の原状回復に使われるお金です。退去する時に、原状回復費を差し引いた金額が戻ってきます。礼金は、部屋の大家さんにお礼として渡すお金です。礼金は退去後も返金されません。

このほか、共益費や管理費が必要となるアパートもあります。

1-2.毎月の生活費と内訳

〇毎月の生活費内訳

  • 家賃:5~8万円
  • 食費:3~5万円
  • 水道光熱費:1万円程度
  • 通信費:1万円程度
  • 日用雑貨や雑費:1万円程度

毎月の生活費で大部分を占めるのは、家賃と食費です。
家賃は、地域によっては1Kの部屋でも7,8万円は必要となります。築年数や日当たりによって、家賃交渉もできますが、女性の場合はセキュリティがしっかりしている部屋を選ぶため、家賃が高くなりがちです。
自炊をすれば食費は3万円程度で済みますが、学校とアルバイトで忙しい毎日では、外食が増える学生も多くいます。

通信費は、スマホ代やインターネット代です。最近は、講義のレポートや履修もパソコンで行う必要があるため、家にインターネットは必須と言えるでしょう。
そして水道光熱費は、地域によって大きく異なります。寒い地域では、電気代やガス代が高くなってしまうため、注意が必要です。

1-3.稼ぐべきバイト代

初期費用は一度払ってしまえば終わりですが、生活費はコンスタントに毎月支払う必要となります。最低でも14万円が必要だとは言っても、友達と外食やサークルの参加費、飲み会、交通費などを含めると、さらに出費がかさむ可能性があります。

アルバイト代は、生活費とは別に数万円は余裕を持って計算してください。突然病気になったり、ケガをしたりすることもあるため、万が一の備えも考慮に入れておきましょう。

2.仕送りなしでも自立して暮らす方法

全国アルバイト時給は、1,000円強です。仮に授業の後に、時給1,000円・週に4日・計20時間働いたとしても、月に貰える給料は多くても、10万円程度です。

そう考えると、アルバイト以外に講義やテストがあるなか、仕送りなしで自立した生活を送ることは、経済的にも体力的にも厳しいと言えるでしょう。

ここでは、自立した生活を送るためのポイントを紹介します。

2-1.家賃の安い部屋に住む

まず、支出の大部分を占める家賃を節約するところから始めましょう。部屋選びを少し妥協するだけで、家賃が1万円単位で安くなります。

〇家賃の安い部屋

  • ・学校・駅から距離がある物件
  • ・ユニットバスの物件
  • ・日当たりに問題がある
  • ・築年数が古い
  • ・和室
  • ・路線沿い

学校の周りで一人暮らしをする場合は、駅近や学校に近い物件は、家賃が高くなりがちです。そのため、学校から少し距離があって徒歩で通うのは難しくても、自転車で通えるぐらいの場所の部屋を探してみましょう。
駅近物件でも、線路沿いであれば、低価格で入居することが可能です。

トイレとお風呂がセパレートタイプの部屋を希望する女性は多いものですが、ユニットバスタイプの方が家賃は安くなります。

そのほかにも、築年数が古ければ、家賃も自然と下がります。内装が気になる場合は、リノベーションやリフォーム済みの物件がおすすめです。内装が気にならない場合は、和室の部屋もリーズナブルな値段の物件が多くあります。

2-2.固定費を節約する

家賃以外の固定費も、節約を心がけましょう。

〇固定費の節約ポイント

  • ・スマホは格安データ通信に乗り換える
  • ・インターネットは不要なオプションを外す
  • ・電気のアンペア数を下げる
  • ・コンビニでの買い物をやめて、スーパーで買い物をする
  • ・使用していない電化製品のコンセントを抜く
  • ・湯船にお湯を貯める回数を減らす

学費や家賃は、個人の努力では変えられませんが、固定費は日々の生活のなかで節約することで生活コストを下げることができます。ついつい、付けっぱなしにする電気や、出しっぱなしにしてしまう水も、意識して節約することが大切です。

特に冷房・暖房は、電気代がかかるため要注意です。命に関わるため、本当に必要な時には使用しても構いませんが、夏は扇風機やうちわを使ったり、冬は厚着をして暖房の温度を下げたりするだけでも、電気代を節約することができます。

2-3.高時給のバイトをする

地道な節約は、精神的に大きなストレスとなります。できれば、最低限快適に生活できる環境は整えたいものです。
日々の節約には限界があるため、収入を増やすことが先決と言えるでしょう。働ける時間も限られている大学生は、高時給のアルバイトを探してみましょう。

〇高時給のアルバイト

  • ・引っ越し作業
  • ・家庭教師や個別指導の先生
  • ・販売スタッフの派遣バイト
  • ・イベント運営スタッフ
  • ・深夜営業しているのバーや飲食店の店員

肉体系のアルバイトは時給が高いものが多いですが、抵抗がある女性も多いでしょう。家庭教師や個別指導、塾などのアルバイトは、毎週固定で働かなけばならないうえ、長期休みでも休みが取れない可能性があります。

そのため、もっと効率良く稼ぎたいという人もいるでしょう。このような場合におすすめの高時給アルバイトについて、次項で紹介します。

3.大学生の一人暮らしにおすすめのバイト

さまざまな高時給アルバイトがありますが、楽に高収入を得たい女性には「チャットレディ」の仕事がおすすめです。

〇チャットレディが一人暮らしの女子大学生におすすめの理由

  • ・学業と両立できる
  • ・ゆとりのある生活ができる

チャットレディの仕事内容は、ネット通話やメールを使って男性と会話をして、楽しませることです。チャットレディ事務所への通勤と在宅の2つの働き方から選択できます。また、顔を出しの有無も、自分で選ぶことが可能です。

チャットレディは、24時間いつでも好きな時に働けるため、次の日の授業に合わせて働くことが可能です。さらに、チャットレディは男性と話せば話すだけ成果報酬型で収入が得られるため、金銭的な余裕が生まれます。時給換算をすれば、3,000~7,000円とかなりの額となるため、金欠になりがちな若い女性や女子大学生から人気を集めています。

チャットレディ事務所のなかには、パソコンやウェブカメラの貸し出しや、初心者の時給補償を行っているところもあります。体験入店ががあったり、サポートが充実している事務所もあるため、楽に高収入を得たいという女性は一度挑戦してみても良いでしょう。

まとめ

今回は、仕送りなしで一人暮らしをする女子大学生に向けて、初期費用・毎月の生活費を詳しく解説しました。大学に通いながら、全て自分で払う場合、通常のアルバイトでは長時間勤務しなければならないため、高時給アルバイトで効率的に働くことがおすすめです。

高時給アルバイトの多くは、体力的にしんどかったり、自由にシフトが決められなかったりと生活リズムが崩れるデメリットも存在します。生活スタイルに合わせて自由に高収入を得たいという人は、すぐに始められるチャットレディを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント