PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
196 view チャットレディ
公開日:2020/05/21|最終更新日:2020/05/21

やりたい仕事がない人の原因|まずは探し方を知ることから始めよう

やりたい仕事がない人の原因|まずは探し方を知ることから始めよう

やりたい仕事に就いている女性は、周囲よりも輝いて見えます。内面からあふれ出るような自信を持つ女性を見て、同性ながら憧れる人もいるでしょう。

しかし、やりたい仕事を見つけ、その仕事に従事できる人はそれほど多くありません。やりたい仕事が見つからない焦りや、仕事をしないことで生じる経済的不安に押しつぶされそうになる人も多くいます。

そこで今回は、やりたい仕事がないと悩む人へ向けて、やりたい仕事の探し方を解説します。

1.やりたい仕事が見つからない原因

やりたい仕事が見つからない女性に共通する主な原因は、以下の通りです。

原因1.やりたい仕事が自分自身でもよく分からない

自己分析が苦手な女性に多く見られるケースです。
得意なことや過去に憧れていたことなど、自分が何に惹かれるかを理解していないため、やりたい仕事を見つけられません。

原因2.将来に対する不安が大きい

やりたい仕事に就けたとしても、一生続けられるとは限りません。不況による会社倒産のリスクがあるだけでなく、結婚・出産など、ライフスタイルの変化でやりたい仕事を続けられない可能性もあります。

このような将来に対する不安から、給与・休みの有無・福利厚生の充実度など、待遇面を重視する傾向です。やりたい仕事か否かで就職先を選択できる女性は多くありません。

原因3.周囲からの目が気になる

自分がやりたい仕事に対し、周囲からどう思われるか気になる女性も多くいます。他人の評価を気にする女性は「やりたい仕事」よりも「周りに褒められる仕事」を重視する傾向にあるため、本当にやりたい仕事を見つけられません。

自分のやりたい仕事を見つけたとしても、周囲にいいづらい仕事であれば、就職・転職を諦めるケースもあります。

原因4.焦ってやりたい仕事を探そうとする

今の仕事を辞めたい気持ちが非常に強い女性は、冷静な判断力が欠けていることが多く、本当にやりたい仕事を見つけられません。

焦ってやりたい仕事を探しても、本心からやりたいと思っているかどうかの判断が付きません。やりたい仕事だと思って就職・転職したものの、実際はそうでもなかったと現実を知ることはよくあります。

焦って行う職業選択は現実逃避の一種でしかないため、転職活動に成功しても「給料が少ない」「休みがない」など不満ばかりが積もり、長く続かない恐れがあります。

やりたい仕事が見つからない原因は、女性自身の考え方にあることがほとんどです。そのため、自分自身を理解し、安定や周囲の目を気にしなければ、本当にやりたい仕事を見つけやすくなります

2.やりたい仕事の探し方5選

大人になると、労働の難しさや仕事と家庭の両立に苦心します。そのため、子供のように純粋にやりたい仕事を目指す女性は多くありません。

しかし、やりたい仕事でないことを無理に続けてもストレスとなります。長く勤めるためにも、本当にやりたい仕事を探すことが大切です。

やりたい仕事の探し方にはさまざまな方法があります。具体的にどのような方法があるのか、ここからは5つの方法を見てみましょう。

2-1.安定を捨てる

やりたい仕事に就きたい女性は、安定を重視する気持ちを捨てましょう

生活費を稼ぐために仕事をするなら、「安定して働けるか」は特に気になる点でしょう。毎月必ず給料がもらえるか、倒産リスクは少ないか、仕事が減って減給しないかなど、不安なポイントは多々あります。

しかし、安定を重視すると本当にやりたい仕事に挑戦できません。その上、仕事を選ぶ際に選択肢の幅を狭めることにもなります。たとえ不安定でもやりたい仕事に就きたい女性は、安定を捨てる覚悟が必要です。

2-2.自分が求めているものを考える

自分が仕事に対して求めているものは何か、と考えることも重要です

例えば、もし今転職を考えているのであれば、「なぜ自分は転職したいのか」と自問自答してください。その答えが「休みが少ないため」「人間関係が嫌であるため」であれば、仕事内容ではなく、今勤める企業が自分と合わないだけといった可能性もあります。

また自分の頭の中だけでなく、他人から意見をもらうことも有意義です。例えば自分の好きなことを他人に尋ねた際に「あなたは昔から文章を書くことが好きだった」といわれると、自分でも気が付かなかった本心を知ることもできます。

自分が仕事に求めているものを知ることで、具体的な行動を起こしやすくなります。

2-3.身につけたいスキルを重視する

「この会社で働きたい」など、特定の会社を軸に仕事を決めてしまうと、万が一倒産した場合に、行き場を失います。倒産リスクは、会社の規模を問わずどこでもあるため、将来的な不安ばかりを気にして仕事を探してもよい結果は得られません。

そのため、特定の会社を軸に仕事を探すよりも、スキルを重視して仕事を探すことがおすすめです。スキルを持ってさえいれば、逆境にかざされても、自分の力で前向きに対処できます。

さらにキャリアを積めば、それが自分のアピールポイントとなり、失業後も他の会社で雇用される可能性が高まります。

まずは自分のやりたい仕事に応じたスキルを身に付けましょう。そして、そのスキルを役立てられる会社かどうかで、就職先を検討してみてください。

2-4.自分の将来像を考えてみる

仕事を行うことで、将来的に自分がどうなりたいか考えてみましょう。将来のビジョンから逆算すると、自分のやりたい仕事を見つけやすくなります

具体例をいくつか紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

将来のビジョン 将来のビジョンから考えた自分のやりたい仕事
いずれ海外でも仕事をしたい海外支社を持つ会社に就職する
自分のカフェをオープンしたい経営を学ぶためカフェに勤める
高収入を得て裕福な暮らしを送りたい給与が多い、昇給の可能性が高い会社を探す
定年まで同じ会社で勤めたい経営実績が長い会社への就職を目標とする
有名人を目指したいYouTuberなどタレント性の高い仕事に挑戦する

2-5.やりたくないことを明確にする

「人見知りのため、接客業はやりたくない」など、やりたくない仕事を明確にすることも有効です。やりたくない仕事を決めておくことで、自分に向いている仕事を理解できます。

また、女性の中には業務内容ではなく会社勤めそのものが嫌な人もいるでしょう。そのような考えを持つ人には、在宅で仕事ができる職業をおすすめします。

例えば、女性に人気の在宅ワークであるチャットレディは、効率的に稼げることで有名です。チャットレディの詳しい特徴は、次項で紹介します。

3.うまく見つからない女性にはチャットレディもおすすめ!

どれだけ自分を見つめ直しても、本当にやりたい仕事を見つけられない場合もあります。自分のやりたい仕事を見つけられない時は、チャットレディとして働くことがおすすめです

チャットレディは、パソコンを通じて男性会員とチャットを行い、チャットした時間に応じて報酬を得る仕事です。

さまざまな年代・職種の男性と接する中で、興味を持てそうな仕事を見つけられる可能性があります。男性会員から「笑顔が魅力的だから接客に向いていそう」などといわれ、自分では気付けなかった適性が分かることも期待できます。

在宅チャットレディであれば会社に通勤する必要がないため、自宅で気軽に仕事ができます。そのため、会社勤めが嫌いな女性も仕事を続けやすいと評判です。

まとめ

やりたい仕事が見つからない時は、女性自身の考え方に要因のあることがほとんどです。自分のやりたいことを重視せず、安定や待遇のよさなどを重視してしまうため、いつまでも自分に適した仕事を見つけられません。

しかし、安定や待遇のよさなどを捨て、将来のなりたい自分について考えれば、自然とやりたい仕事を知ることができます。

もし会社勤めをしたくなければ、在宅で働けるチャットレディもあります。稼げる上にさまざまな職種の男性と接するため、会話の中でやりたい仕事が見えてくることもあります。
自分探しをしている女性は、一度チャットレディを検討してみてください。

コメント