PAGE
TOP
 

働く女性の為の高収入メディア【ジョブサークル】

女性の為の高収入メディア
40 view チャットレディ
公開日:2020/05/21|最終更新日:2020/05/21

現在の仕事が向いてるかわからない時の分析項目と確認事項

現在の仕事が向いてるかわからない時の分析項目と確認事項

社会に出て働いていると、現在の仕事・職業について「自分には向いてないのでは」と感じることもあるでしょう。自分の適職を見つけるためには、現在の仕事が合っていないと感じる理由や、自分が仕事に求めることを分析・整理することが大切です。

当記事では、現在の仕事が自分に向いてないと感じてしまう要因・原因や、自分に向いてる仕事を探すときに確認すべきポイントを紹介します。仕事における価値観や自分の強みを自己診断し、本当に自分に向いてる仕事を見つけましょう。

1.現在の仕事が向いてないと感じてしまう要因や原因

社会に出てしばらく経った方の中には、「現在の仕事は自分に向いてないのでは」と感じた経験がある方もいるでしょう。

仕事が自分に合っていないと感じるきっかけは、人によって様々です。では、現在の仕事が自分に向いてないと感じてしまう要因や原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。ここでは、3つの主な理由について解説します。

1-1.思うように成果を出せていない

現在の仕事を順調にこなしており、会社や組織の中で上司から高い評価を得ている場合、現在の仕事が向いてないと感じる方は少ないでしょう。しかし、いくら業務を頑張っても、思うように成果が出ないことが続くと、「現在の仕事は自分と相性が悪いのでは」と感じても不思議ではありません

現在の仕事で自分の思うような成果が出ないと感じる理由は、人によって異なります。本当はきちんと成果が出ているにもかかわらず、仕事ができる同僚のことを意識しすぎるなど、人間関係が原因で仕事のモチベーションが下がっているケースもあります。職場の評価システムと自分の性格が合っていないケースもめずらしくありません。

このようなケースでは、自分の意識改革や同業種の別会社への転職など、環境を変えることで事態が好転する場合があります。しかし、仕事や作業自体に苦手意識があるために成果が出ないのであれば、現在の仕事は自分に向いてる仕事ではない可能性が高いでしょう

1-2.仕事が楽しくない

社会に出て毎日責任のある仕事をすることは、とても大変なことです。しかし、大変であるからこそ仕事にやりがいが生まれたり、達成感を得られたりするなど、仕事が楽しいと感じることも多数あります。仕事での日常的なやりがいや達成感は、「現在の仕事は自分に向いてる」という自信ややる気、モチベーションの向上につながるでしょう

一方、仕事にやりがいや達成感を見出せなければ、仕事を楽しく感じることは難しいといえます。仕事にやりがいや達成感・楽しさを求める方は、別の職種への転職を考えることもひとつの方法です

1-3.本来やりたかった仕事ではない

現在の仕事が自分に向いてないと感じる原因のひとつとして、現在の仕事が本来やりたかった仕事ではないことも挙げられます

就職活動や転職活動を行う際は、自己分析を行い、自分の好きなことや向いてることを認識した上で仕事を探すことが大切です。しかし、自己分析がきちんとできていなかったり、自分の認識と採用する企業側の認識がズレていたりすると、入社後にミスマッチが発生しかねません。「就職してみたらイメージと違っており、本来やりたい仕事ではなかった」ということも起こりえます

また、就職難で本来やりたかった業界・仕事に就けなかったという方もいるでしょう。いずれの場合でも、現在の仕事が本来やりたかった仕事ではないのであれば、現在の仕事に愛着を持てず、自分に向いてないと感じても不思議ではありません

2.自分に向いてる仕事を探す際に確認すべきこと

現在の仕事が自分に向いてないと感じている方の中には、仕事を辞めて本当に自分に向いてる仕事を探そうと考えている方もいるでしょう。しかし、自分に向いてる仕事を見つけるためには、求人情報を探すといった行動をとる前に、いくつか確認すべきことがあります。

ここでは、自分の適性に合う仕事探しを始める前に、チェックしておきたいポイントを3つ紹介します。本当に自分に向いてる仕事を見つけ、就活に失敗しないためにも、きちんと確認して方向性を決めましょう。

2-1.仕事に求めているもの

自分に向いてる仕事を探す際は、自分が仕事に対して求めているものを整理することが大切です
仕事に求めるものは人によって異なりますが、具体的には以下が挙げられます。

社会人が仕事に求めることの代表例

  • 社会的に認められること
  • 人から感謝されること・褒められること
  • 社会貢献している実感
  • 仕事のやりがい
  • ワークライフバランス
  • キャリアアップ・スキルアップ
  • 充実した福利厚生
  • 高い給料
  • 手厚い待遇

今の自分が仕事に求めることは、現在の仕事に不満を感じる理由から導き出すことができます

例えば、「本来やりたくなかった仕事の上に給料も安い」という現状分析であれば、「仕事のやりがい」や「給料・待遇」を主軸にして考えましょう。「自分がどういったことにやりがいを感じるか」「どの程度の年収がほしいのか」「残業の有無は気にしないか」などを紙に書きだし、少しずつ深堀りすることが重要です。

仕事に求めることが複数ある場合は、その中で優先順位をつけてください。すべての条件を満たす仕事を見つけることは難しいため、譲歩できる条件は基準を緩和しましょう。

2-2.自分がやりたいこと・やりたくないこと

自分に向いてる仕事を見つけるためには、自分の「やりたいこと」を明確にすることが大切です。特にやりたいことが思い浮かばなければ、「やりたくないこと」を軸に考えましょう。「やりたくないこと」以外は「やってもよいこと」となるため、自分の「やりたいこと」を見つけやすくなり、自分に向いてる仕事を探しやすくなります

「やりたいこと」「やりたくないこと」を明確にしたら、「自分にできる仕事かどうか」を判断しましょう。「やりたい仕事」かつ「できる仕事」に当てはまる場合は、本当に自分に向いてる仕事である可能性が高いといえます

転職活動を進める際は、「やりたいこと」「できること」に加えて、「職場から求められること(自分のやるべきこと)」も考慮してください。
「やりたいこと」「できること」「職場から求められること(自分のやるべきこと)」をすべて満たす仕事であれば、楽しく仕事に取り組めるでしょう

2-3.将来的に身につけたいスキル・資格

自分が将来的に身につけたいスキルや資格がある場合は、キャリアアップ・スキルアップが望める仕事を探すこともおすすめです。仕事を着実にこなし、キャリアを積んだりスキルを磨いたりすることで、「なりたい自分」に近づけます。キャリアプランに沿った成長を感じることで、今まで以上に仕事にやりがいや楽しさを見出せるでしょう

将来的に身につけたいスキル・資格を考えるためには、「〇年後の自分」という理想の自分に関して具体的なイメージを持つことが大切です。「同じ仕事でキャリアを積みたい」という方であれば、今後も継続して需要が見込める、営業スキルや製造業の資格など専門性が身につく仕事もよいでしょう。

3.仕事に収入を求めているならチャットレディがおすすめ!

現在の仕事が向いてないと感じている方の中には、収入が低いことを理由に挙げている方もいるでしょう。仕事に収入を求めている方には、「チャットレディ」の仕事がおすすめです

チャットレディとは、パソコンやスマートフォンのWeb通話機能を利用して、男性会員と会話する仕事です。仕事内容は接客業であるキャバクラと似ていますが、男性会員とインターネットを介して会話するだけでよく、体を触られたりお酒を飲んだりすることはありません。特別なスキルや資格、専門知識、学歴も求められないため、誰でも簡単にチャットレディを始められます

ただし、チャットレディとして働ける年齢は18歳以上という年齢制限があることに注意してください。

高収入を希望する方はもちろん、接客スキルを磨きたい方や、在宅の仕事でプライベートも大切にしたい方には、チャットレディの仕事も選択肢のひとつです。
自己分析をしっかりと行って自分の向き・不向きを確認し、天職を発見しましょう。

まとめ

「思うように成果が出ない」「仕事が楽しくない」など、現在の仕事が向いてないと感じる原因は、人によって様々です。転職を考える際は、自分が仕事に求めているものや興味があること、今後の人生で身につけたいスキル・資格を明確化しましょう。

自己分析の結果、仕事に対して収入を求めていることが明らかになった女性には、チャットレディがおすすめです。チャットレディは誰でも始めやすく、在宅でも効率よく稼げます。興味を持った方は、ぜひチャットレディの仕事に応募してみましょう。

コメント